【ゆるく働ける職場10選】ゆるく働きたい看護師の最適な仕事を解説

看護師だものゆるく働きたい!ゆるく働ける職場10選と注意点について解説

この記事にはプロモーションが含まれています

悩む看護師

  • 仕事はきらいじゃないけど、もっと自分の時間もほしい。
  • 師長や先輩とも合わないし、インシデント作成もムリ!
  • 看護師だけど、もっとゆるく働ける場所ないかな…?

みちるん

看護師でもゆるく働きたい人は、看護師転職サイトのエージェントを利用するとどんなに忙しくて時間がないあなたでも、あなたの希望に沿ったベストな職場を見つけてくれますよ。

\ わたしも使った看護師特化転職サイト/

スクロールできます
看護師特化転職サイト特徴公式サイト
看護師転職サイト:ナース人材バンク
ナース人材バンク
2023年オリコン満足度総合1位

看護師専門だから業界知識が豊富
東証プライム上場企業が運営国内最大級の看護師転職サービス
公式HP
看護師転職サイト:レバウェル_看護
レバウェル看護
求人数は日本最大級
職場のリアルまでわかる転職支援
無料登録後は、LINEでいつでも相談OK
公式HP
看護師転職サイト:MCナースネット
MCナースネット
単発・スポット・派遣・非常勤…柔軟な働き方に対応
病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富
理想のワークスタイルを発見しやすい多彩な求人特集
公式HP
看護師特化転職サイト

急変する患者さんやギスギスした人間関係に囲まれしまうと「今の職場じゃなくてもっとのんびり働きたい」と思ってしまうこともありますよね。結論から言うと、我慢して身体を壊してしまう前にゆるく働ける職場や働き方に変えることが最善策です。

実はわたしも急性期病棟にいた頃は、今の職場よりも楽な職場を…と考えていても休みも取れないし、休みの日は休みの日で疲れて寝てしまうことが多く、職場探しも難航していました。

電話がしつこいなどの悪評もありますが、そんなこともありません。むしろ、私は相談に乗ってもらい、苦手な書類や面接対策まで丁寧に指導してもらえました。(しかも全部無料!) おかげさまで自分の中でとても満足できる職場と巡り合うことができました。

もしあなたが「今の職場よりももっとゆるく働きたい」と思っているのなら、看護師転職サイトに登録して良いエージェントにあなたの叶えたい希望を相談してみるのがおすすめです。

\ わたしも使った看護師特化転職サイト/

スクロールできます
看護師特化転職サイト特徴公式サイト
看護師転職サイト:ナース人材バンク
ナース人材バンク
2023年オリコン満足度総合1位

看護師専門だから業界知識が豊富
東証プライム上場企業が運営国内最大級の看護師転職サービス
公式HP
看護師転職サイト:レバウェル_看護
レバウェル看護
求人数は日本最大級
職場のリアルまでわかる転職支援
無料登録後は、LINEでいつでも相談OK
公式HP
看護師転職サイト:MCナースネット
MCナースネット
単発・スポット・派遣・非常勤…柔軟な働き方に対応
病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富
理想のワークスタイルを発見しやすい多彩な求人特集
公式HP
看護師特化転職サイト



この記事では、心が折れそうで今よりも「ゆるく働きたい」看護師さんに向けて、ゆるく働ける職場や働き方・探し方・注意点について解説していきます。

看護師がのんびり働ける職場は、別の記事で詳しく解説しています。

目次

ゆるく働きたい看護師の職場とは?特徴的な「5ない」を解説

ゆるく働きたいと考える看護師のゆるく働ける職場の前提条件をいったん整理しておきましょう。

  • 長時間勤務がないこと
  • ギスギスした人間関係がないこと
  • 就業規則が厳しくないこと
  • 仕事内容が難しくないこと
  • 患者さんの重症度が高くないこと

「ゆるく働きたい看護師におすすめな職場」を探す際には、「看護師資格を生かしつつ自由度の高い職場」と観点を置き換えてみると、探しやすくなります。

みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

特徴1. 長時間勤務がないこと

今の職場よりもゆるく働くためには、長時間勤務がないことが挙げられます。代表的な例として、以下の3つは誰しも経験があることでしょう。

  • 2交替の夜勤
  • 前残業や引継ぎ残業
  • 欠員補充の通し勤務

看護師として、職務上の役割を果たすのは当然ですが、何も長時間勤務=看護師の役目を果たすではありませんよね。

長時間勤務をしても得たいものがある(例えば手当や、本人のやりがいなど)のであればいいでしょうが、自分や大切な人と過ごす時間をより大切にしたいと考える場合には、長時間勤務が常態化している職場は避けるが無難です。

タブの切替えに戻る↑

ゆるく働きたい看護師におすすめの職場

職場によって多少の誤差は生じますが、ゆるく働ける職場は病院以外の施設の中から選ぶのがおすすめです。

  • コールセンター
  • 美容クリニック
  • 慢性期病院
  • 回リハ病院
  • デイサービス
  • 訪問看護
  • 検診センター
  • 企業看護師
  • 保育園看護師
  • 派遣ナース

ゆるく働ける仕事以外に看護師がのんびり働ける職場については別記事で解説しています。

みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

ゆるく働ける職場1. コールセンター

体力的負担
つらい
普通
割とラク
楽チン
余裕
精神的負担
つらい
普通
割とラク
楽チン
余裕
時間的余裕
余裕なし
普通
けっこう余裕
楽チン
余裕あり
業務の複雑さ
難しい
難しくない
連携あり
単純作業
易しい
必要医療スキル
高度
基礎スキル
知見のみ
ほぼ不要
基礎
メリット
デメリット
  • 残業がなく時間で区切りよく働ける
  • 体力的にかなり余裕を持って働ける
  • 仕事量に対して収入が良い
  • 精神的疲労度が高い
  • 罵声を浴びせられることもある
  • コロナ関連は想像以上に大変

コールセンターは、企業や製薬会社などに勤務し、健康相談や問合せしてきた方にアドバイスなどを行うものです。おもな業務は、電話応対など。勤務先の対応業務によって、対応内容や相談内容は異なりますが、介助や看護業務に疲れたけど、看護師の知見を活かしたい人におすすめの働き方です。

出勤が不要でリモートワークもできる職場もあり、業務内容に対して収入面は魅力的です。

ただし、コールセンターでは、切羽詰まって電話してきた方に暴言をはかれたりすることもあるため、人の言葉を真に受けやすい人や傷つきやすい人は不向き。転職前に勤務先の業務内容はしっかりとチェックしておく必要があります。

タブの切替えに戻る↑

看護師がゆるく働きたい3つの理由

看護師がゆるく働きたいと考えるおもな理由は以下の3つに要約されます。

  • 職場や業務がつらい
  • 体力や精神的につらい
  • プライベートを充実させたい
みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

理由1. 職場や業務がつらい

看護師をしていると職場や業務がつらいと感じることは、一度や二度だけではありません。

  • 職場の人間関係がつらい
  • 患者さんの看取りがつらい
  • 労働環境が改善されず、つらい

職場によって異なりますが、急性期病棟や大学病院などの比較的病床数が多い職場の場合、たくさんの医療スタッフ(医師や看護師など)や患者さんと接する機会が多く、人間関係に悩みがちになります。患者さんの容態が急変してそのままお看取りをすることも少なくありません。経験の豊富な看護師であってもお看取りに居合わせた直後は、自分の心が折れてしまいそうになります。

命と直面した現場であるからこそ、看護師はミスや油断を許されず厳しくあたってしまいがちです。経験の浅い看護師ほど、自分の中で上手く気持ちの整理や対処ができず、つらいと感じるようになり「こんなことならもっとゆるく働きたい」と考えるようになります。

職場や業務がつらいと思いつめないためにも、なるべくゆるく働ける環境に身をおくことが自分自身を守るためにも必要といえるでしょう。

職場の人間関係が辛くて人と関わりたくないと感じている看護師は、下記の『看護師が人と関わらない仕事』にて、人と関わらない働き方の詳しい内容について解説しています。関心があれば、参考にしてください。
≫【人間関係がムリ】看護師が人と関わらないおすすめの仕事15選

タブの切替えに戻る↑

ゆるく働きたい看護師の3つの注意点

看護師の働き方を今よりもゆるく働いた場合、以下の点に注意が必要です。

  • 給料が安くなり、収入面で不安に感じる。
  • 単調な業務にやりがいを感じられなくなる。
  • 知識やスキルを向上させる機会が少なくなる。

ゆるく働きたいとせっかく転職しても実際に働き始めてみて「思っていたのと違っていた」ということがないようにするためにも注意点をしっかりとおさえておきましょう。

みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

注意点1. 給料が安くなり、収入面で不安に感じる

ゆるく働くことで、給料が安くなり収入面で不安に感じることがあります。

  • 日勤のみの働き方にしたら、夜勤手当がないため手取りが激減した
  • 派遣ナースで働くようになり、給料が3割減になった
  • 夫の扶養内で働くようにしたら、好きなものが買えなくなった

時間に余裕がもてるようになった反面、給料が激減することで、不安を感じる看護師も少なくありません。

不安を抱えたり、後悔しないためにも、看護師専門の転職エージェントを利用して、事前に給与交渉をしてもらうなどの対策や、確保できる時間と収入をあらかじめ把握しておくことが必要といえるでしょう。

タブの切替えに戻る↑

みちるん

最初のうちは、これまでの環境とのギャップに少なからず違和感を覚えることがあるかもしれません。自分がどうしたいのか、どうありたいのか、見つめ直すと気持ちも落ち着きますよ。

ゆるく働きたい看護師に専門の転職サイトをおすすめする3つの理由

ゆるく働きたい看護師こそ、看護師専門の転職サイトを使うのがおすすめです。

  • 自分で情報収集するのには限界があるから
  • 自分のコネやツテに限度があるから
  • 自分の時間に限りがあるから

どうしても自分で探さないと気が済まないのであれば別ですが、素直にプロの手を借りて、転職活動に費やす労力を省エネしてサクッと転職するほうが効率的です。

みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

理由1. 自分で情報収集するのには限界があるから

ゆるく働きたい看護師の職場探しに専門の転職サイトをおすすめする理由は、プロの看護師であっても転職のプロではないから。

  • ほかの職場の情報は、交友関係経由が多い
  • 主観やフィルターがかかっている意見が多い
  • そもそも情報収集している時間がない

新しい職場のことをよく知っているのは、そこで勤めている、勤めていた「関係者」か、取引業者くらいです。関係者の場合には、主観も入りますので、第三者的視点でみることができるのが取引業者、転職であれば転職サイトの担当者です。

職場見学で自分の目で確かめる手段もありますが、得られる情報は表面的なもので、リアルな情報でない可能性もあります。個人で得られる求人情報そのものにも、限界があります。

タブの切替えに戻る↑

ゆるく働きたい看護師は自分との落とし所を見つけてゆるっと看護師を続けよう!

これまでの内容を振り返り、以下にまとめとします。

普段の業務に心を折られそうになり、「もっとゆるく働きたい」と漠然と考えてみても、変化や未知に対する不安で思うように前に進めず、ヤキモキしてしまうのは特別なことではありません。私自身も現在は転職した身ですが、転職するまで「職場の人に迷惑がかかるかも…でもつらい」、「次の職場も同じ感じだったらどうしよう」などなど、不安だらけでした。

不安でがんじがらめになって我慢の限界を超えた私は職場で倒れ、そのまま看護される側になってしまいました。その時初めて気づきました。自分自身が壊れる前に退職しないと余計に職場や仲間に迷惑をかけてしまうと。申し訳ないと思いつつも、それまでいた急性期病棟のある大学病院から慢性期病棟に転職し、何とかこれまで無事に生きてこれました。

大変な職場で耐えられないことは、悪いことではありません。誰が悪いとか…誰かを責める前にまずはゆっくり休みましょう。そして、自分や大切な人と本当にしたいことを実現しつつ、ゆるっと看護師を続けていきましょう。

\ わたしも使った看護師特化転職サイト/

スクロールできます
看護師特化転職サイト特徴公式サイト
看護師転職サイト:ナース人材バンク
ナース人材バンク
2023年オリコン満足度総合1位

看護師専門だから業界知識が豊富
東証プライム上場企業が運営国内最大級の看護師転職サービス
公式HP
看護師転職サイト:レバウェル_看護
レバウェル看護
求人数は日本最大級
職場のリアルまでわかる転職支援
無料登録後は、LINEでいつでも相談OK
公式HP
看護師転職サイト:MCナースネット
MCナースネット
単発・スポット・派遣・非常勤…柔軟な働き方に対応
病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富
理想のワークスタイルを発見しやすい多彩な求人特集
公式HP
看護師特化転職サイト
みちるん

自分のためにもあなたの大切な人のためにも、笑顔で心穏やかなあなたを取り戻してくださいね。


当サイトの記事で説明不足な点や解決できない疑問については、コチラのお問い合わせフォームからいつでもお知らせください。ご相談内容は、原則として公開しません。ただし、他の人にも参考になると判断した場合、相談内容に一部変更を加えるなどして、個人が特定できないような配慮をさせていただきます。

ご意見・ご感想をお待ちしております。
ご意見をお寄せください

みなさんのリアルなクチコミが他のユーザーの参考になります。本記事に対しての評価をぜひ、お気軽に投稿してください。

  • 本名や個人情報の投稿はお控えください。
  • メールアドレスは公開されません。
  • 個人を特定する投稿はお控えください。
  • 根拠なき誹謗中傷はお控えください。
  • 口コミは管理者が確認の上、順次公開します。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

みちるんのアバター みちるん 元看護師のサイト運営者

子育て中の元ナース。

病棟勤務中に妊娠&休職。復職後、医療事務、派遣ナース、訪看、特養施設で勤務し、家庭の事情で退職。現在は在宅ワーカー。

過去のキビシイ職場環境、退職・転職経験から学んだことを、悩み多き看護師に向けて発信しています。

目次