【ゆるく働ける職場10選】ゆるく働きたい看護師の最適な仕事を解説

看護師だものゆるく働きたい!ゆるく働ける職場10選と注意点について解説
2069616 e1659592274499悩む看護師

  • 仕事はきらいじゃないけど、もっと自分の時間もほしい。
  • 看護師だってオシャレに可愛く働きたい。
  • 規則も厳しくなくてもっとゆるく働ける場所ないかな…?

22124706 e1659592397119疲れた看護師

  • 私も女の子だし、もっと他にやりたいこともあるのに…。
  • 正直、夜勤も体力的に辛くなっているし、ゆるく働きたい。
  • 時間に追われずにもっとゆるっとした環境で働きたいよ…。

2541766 e1659592357242落ち込む看護師

  • 師長や先輩と性格も合わないし辛い…。
  • インシデント作成とか面倒だし、マジ無理…。
  • ナースコールを気にせずゆるく働ける職場を教えて!

看護師の仕事に耐えられないのは、悪いことではありません。自分に合った息の抜き方がまだ見つけられていないだけです。

この記事では、心が折れそうで今よりも「ゆるく働きたい」看護師さんに向けて、ゆるく働ける職場や働き方について解説していきます。ゆるく働く際の注意点や探し方についてもあわせて解説しています。

今の職場で消耗してしまう前に自分のしたいことをしつつ、ゆるく働きたい方やもっと自分や家庭に時間を使いたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。もし、ゆるく働ける仕事以外に看護師がのんびり働ける職場についても確認しておきたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。
≫看護師だってのんびり働きたい!のんびり働ける職場10選と働き方

この記事を書いている人
みちるんのアイコン
みちるん
  • 看護師歴:15年(付属大から大学病院に入職)
  • 看護師経験:急性2年→慢性3年→外来3年→訪看3年→特養2年
  • ブランク:出産&育児で3年半ほど
  • 転職歴:7回(利用したサイトは2ケタのベテラン)
  • 神奈川県在住、2児の母
目次

ゆるく働きたい看護師の職場とは?特徴的な「5ない」を解説

ゆるく働きたいと考える看護師のゆるく働ける職場の前提条件をいったん整理しておきましょう。

  • 長時間勤務がないこと
  • ギスギスした人間関係がないこと
  • 就業規則が厳しくないこと
  • 仕事内容が難しくないこと
  • 患者さんの重症度が高くないこと

ゆるく働きたい看護師におすすめな職場を端的に言えば、看護師資格を生かしつつ自由度の高い職場という観点で見ていけば、ゆるく働ける職場は意外に早く見つけられます。

22830800 e1659592437954みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

特徴1. 長時間勤務がないこと

今の職場よりもゆるく働くためには、長時間勤務がないことが挙げられます。代表的な例として、以下の3つは誰しも経験があることでしょう。

  • 2交替の夜勤
  • 前残業や引継ぎ残業
  • 欠員補充の通し勤務

看護師として、職務上の役割を果たすのはもちろんのことですが、何も長時間勤務をしなくても看護師の役目は果たせますよね。ましてや、自分自身の体力を削ってまで長時間勤務をしても手当くらいしかつきません。まさに命をお金に変える行為といえますね。長時間の残業手当や夜勤手当などで他の看護師よりも稼いで洋服や趣味に使いたいといった人もいるので、長時間勤務が悪とは言いません。

しかし、長時間勤務をして貴重な自分の時間を職場に捧げるよりも自分や大切な人のために使う方がより人生が豊かなものになると言えるのではないでしょうか。例えば、プライベートな時間を費やして勤務するよりも子どもや恋人と過ごす時間の方が大切で有意義と言えますし、趣味やプライベートを優先させたい人も少なくありません。

そもそも収入がなかったら・・・といった反対意見もありますが、看護師の多くは『望まない長時間勤務』が常態化している事実を鑑みてからも長時間勤務はあるよりはない方が望ましいといえるでしょう。(長時間勤務してでも他の人より良い収入を得たい看護師さんは、積極的に長時間勤務を励行してください)

タブの切替えに戻る↑

22830800 e1659592437954みちるん

続いては、実際に看護師がゆるく働ける職場の具体例について見ていきましょう。

ゆるく働きたい看護師におすすめの職場

職場によって多少の誤差は生じますが、ゆるく働ける職場は病院以外の施設の中から選ぶのがおすすめです。

  • コールセンター
  • 美容クリニック
  • 慢性期病院
  • 回リハ病院
  • デイサービス
  • 訪問看護
  • 検診センター
  • 企業看護師
  • 保育園看護師
  • 派遣ナース

ゆるく働ける仕事以外に看護師がのんびり働ける職場についても確認しておきたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。
≫看護師だってのんびり働きたい!のんびり働ける職場10選と働き方

22830800 e1659592437954みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

ゆるく働ける職場1. コールセンター

体力的負担
つらい
普通
割とラク
楽チン
余裕
精神的負担
つらい
普通
割とラク
楽チン
余裕
時間的余裕
余裕なし
普通
けっこう余裕
楽チン
余裕あり
業務の複雑さ
難しい
難しくない
連携あり
単純作業
易しい
必要医療スキル
高度
基礎スキル
知見のみ
ほぼ不要
基礎
メリット
デメリット
  • 残業がなく時間で区切りよく働ける
  • 体力的にかなり余裕を持って働ける
  • 仕事量に対して収入が良い
  • 精神的疲労度が高い
  • 罵声を浴びせられることもある
  • コロナ関連は想像以上に大変

コールセンターは、企業や製薬会社などに勤務し、健康相談や問合せしてきた方にアドバイスなどを行うものです。おもな業務は、電話応対がほとんど。勤務先の対応業務によって、対応内容や相談内容は異なりますが、介助や看護業務に疲れたけど、看護師の知見を活かしたい人におすすめの働き方です。

ただし、コールセンターの求人の多くはコロナ関係の内容が大半。切羽詰まって電話してきた方に暴言をはかれたりすることもあるため、人の言葉を真に受けやすい人や傷つきやすい人は不向き。出勤が不要でリモートワークもできる職場もあり、業務内容に対して収入面は魅力的なため、転職前に勤務先の業務内容はしっかりとチェックしておく必要があります。

タブの切替えに戻る↑

22830800 e1659592437954みちるん

続いては、看護師がゆるく働きたい理由についてみていきましょう。

看護師がゆるく働きたい3つの理由

看護師がゆるく働きたいと考えるおもな理由は以下の3つに要約されます。

  • 職場や業務がつらい
  • 体力や精神的につらい
  • プライベートを充実させたい

キャリア志向やもっと稼ぎたいと考えている看護師には無縁な理由ですが、ゆるく働きたい看護師がきっかけとなる理由は上記のいずれかまたはそれぞれが含まれていることがほとんど。それぞれの内容についてみていきましょう。

22830800 e1659592437954みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

理由1. 職場や業務がつらい

看護師をしていると職場や業務がつらいと感じることは、一度や二度だけではありません。

  • 職場の人間関係がつらい
  • 患者さんの看取りがつらい
  • 労働環境が改善されず、つらい

職場によって異なりますが、急性期病棟や大学病院などの比較的病床数が多い職場の場合、たくさんの医療スタッフ(医師や看護師など)や患者さんと接する機会が多く、人間関係に悩みがちになります。患者さんの容態が急変してそのままお看取りをすることも少なくありません。経験の豊富な看護師であってもお看取りに居合わせた直後は、自分の心が折れてしまいそうになります。

命と直面した現場であるからこそ、看護師はミスや油断を許されず厳しくあたってしまいがちです。経験の浅い看護師ほど、自分の中で上手く気持ちの整理や対処ができず、つらいと感じるようになり「こんなことならもっとゆるく働きたい」と考えるようになります。

職場や業務がつらいと思いつめないためにも、なるべくゆるく働ける環境に身をおくことが自分自身を守るためにも必要といえるでしょう。

職場の人間関係が辛くて人と関わりたくないと感じている看護師は、下記の『看護師が人と関わらない仕事』にて、人と関わらない働き方の詳しい内容について解説しています。関心があれば、参考にしてください。
≫【人間関係がムリ】看護師が人と関わらないおすすめの仕事15選

タブの切替えに戻る↑

22830800 e1659592437954みちるん

次にゆるく働く際の注意点についてみていきましょう。

ゆるく働きたい看護師の3つの注意点

看護師の働き方を今よりもゆるく働いた場合、以下の点に注意が必要です。

  • 給料が安くなり、収入面で不安に感じる。
  • 単調な業務にやりがいを感じられなくなる。
  • 知識やスキルを向上させる機会が少なくなる。

ゆるく働きたいとせっかく転職しても実際に働き始めてみて「思っていたのと違っていた」ということがないようにするためにも注意点をしっかりとおさえておきましょう。

22830800 e1659592437954みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

注意点1. 給料が安くなり、収入面で不安に感じる

ゆるく働く上でしっかりとおさえておきたいのが、給料が安くなり収入面で不安に感じること。

  • 日勤のみの働き方にしたら夜勤手当がつかなくなった。
  • 派遣ナースで働くようになり、給料が3割減になった。
  • 夫の扶養内で働くようにしたら、好きなものが買えなくなった。

これまでに常勤でバリバリ働いていた頃と比較するとゆるく働くようになり、時間に余裕がもてるようになった反面、給料が激減し「ゆるく働けるようになったけど、常勤のときのほうが良かったかも…」などと、明らかな収入減に不安を感じる看護師も少なくありません。

夜勤が苦でない人は、夜勤専従看護師に徹するのも一つの手ですし、看護師専門の転職エージェントを利用して、事前に給与交渉をしてもらうなどの対策や確保できる時間の余裕と収入をあらかじめしっかりと確認しておくことが必要といえるでしょう。

タブの切替えに戻る↑

22830800 e1659592437954みちるん

最初のうちは、これまでの環境とのギャップに少なからず違和感をおぼえることもありますが、ゆるく働くための原点に立ち返るといろいろなことに気付かされるので、折に触れて原点回帰をしてみるのがおすすめですよ。

ゆるく働きたい看護師に専門の転職サイトをおすすめする3つの理由

結論から言うとゆるく働きたい看護師は、看護師専門の転職サイトを使うのがおすすめです。おもな理由は、以下の3点が挙げられます。

  • 自分で情報収集するのには限界があるから
  • 自分のコネやツテに限度があるから
  • 自分の時間に限りがあるから

どうしても自分で探さなきゃ気が済まないタイプの人を除いては、素直にプロの手を借りて、転職活動に費やす労力を省エネして、ゆるくサクッと転職するほうがなにより効率的です。

22830800 e1659592437954みちるん

下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

理由1. 自分で情報収集するのには限界があるから

ゆるく働きたい看護師の職場探しに専門の転職サイトをおすすめする理由は、プロの看護師であっても転職のプロではないから。

  • ほかの職場の情報は、交友関係経由がほとんど。
  • 主観やフィルターがかかっている意見ばかり。
  • そもそも情報収集している時間がない。

他の病院や職場の情報をよく知っている人は、職場に勤めている人か(求人を出していれば)転職サイトの担当者くらい。特に第三者的な視点で見れるのは、転職サイトの担当者くらいしかいません。

職場見学で自分の目で確かめるといった手段もありますが、得られる情報も表面的なものばかりで労力に見合ったものとは言い難いことがほとんど。そもそも、職場見学に行く時間が作れるかどうかも正直、微妙な人が多いのではないでしょうか。

タブの切替えに戻る↑

22830800 e1659592437954みちるん

続いては、ゆるく働きたい看護師におすすめな専門の転職サイトをみていきましょう。

ゆるく働きたい看護師におすすめする転職サイト3選

自力でなんとかしようとして失敗した私自身の経験も踏まえて、以下の3サイトを登録しておけば事足ります。

どんな求人があるのかを見るだけでも登録する価値アリですよ。
22830800 e1659592437954

上記で紹介した転職サイトは、どれも看護師専門の転職サイト。なおかつ、サポートがちゃんとしているところなので、どこに登録しても損はありません。ただし、担当者との相性もあるので「この担当者ハズレだった…。もう転職ムリ~!」とならないようにするためにも3つともとりあえず登録しておくのが無難です。

22830800 e1659592437954みちるん

転職活動に切羽詰まっていた私は、8サイトくらい登録してましたが、結果論として上記の3サイトで事足りたなと実感しています。
下のタブを切り替えてチェックしたい内容をご確認ください。

0. 看護師転職サイトの無料登録方法

看護師転職サイトに登録する方法は、どのサイトもほぼ共通して1分程度で済むようになっています。

STEP
公式サイトにアクセス

以下の公式サイトリンクから公式サイトにアクセスして、新規無料登録手続きを行います。

STEP
必要事項を入力

無料登録に必要な内容をそれぞれ入力し、送信します。

  • 名前と大まかな住所
  • 連絡先(電話番号・メールアドレス)
  • 現在の就業状況
  • 希望の就業条件
  • 備考欄:電話に出れる時間帯と出れない時間帯
    電話に出れる・出れない時間帯を明記しておくだけでも担当者がちゃんと仕事してくれますよ。
STEP
転職サイトからの連絡を待つ

登録した時間帯や入力した希望条件などによって、転職サイトからの折り返しの連絡が翌日以降になることもあります。電話に出れない時間帯がはっきりしている人は、備考欄などに電話に出れない時間帯と電話に出れる時間帯を明記しておくことをおすすめします。

タブの切替えに戻る↑

看護師転職サイトの担当者に希望や条件を伝えて理想の職場を探してもらい、あなた自身は担当者からのレスポンス待ちでOK!希望に沿った求人情報が見つかるまでは目の前のやるべきことに専念できます。しかも、不安な面接対策や履歴書の添削などもすべて無料で利用可能!転職活動にムダな労力を割きたくない人は、使わない手はありません。

22830800 e1659592437954みちるん

これまでの内容を振り返って、最後に本記事の総括をします。

ゆるく働きたい看護師は自分との落とし所を見つけてゆるっと看護師を続けよう!

これまでの内容を振り返り、以下にまとめとします。

普段の業務に心を折られそうになり、「もっとゆるく働きたい」と漠然と考えてみても、変化や未知に対する不安で思うように前に進めず、ヤキモキしてしまうのは特別なことではありません。私自身も現在は転職した身ですが、転職するまで「職場の人に迷惑がかかるかも…でもつらい」、「次の職場も同じ感じだったらどうしよう」などなど、不安だらけでした。

不安でがんじがらめになって我慢の限界を超えた私は職場で倒れ、そのまま看護される側になってしまいました。その時初めて気づきました。自分自身が壊れる前に退職しないと余計に職場や仲間に迷惑をかけてしまうと。申し訳ないと思いつつも、それまでいた急性期病棟のある大学病院から慢性期病棟に転職し、何とかこれまで無事に生きてこれました。

大変な職場で耐えられないことは、悪いことではありません。誰が悪いとか…誰かを責める前にまずはゆっくり休みましょう。そして、自分や大切な人と本当にしたいことを実現しつつ、ゆるっと看護師を続けていきましょう。

この記事は、私のような経験をされる方を少しでも減らしたくて、心が折れそうなのをなんとか耐えている看護師さんに向けて書きました。自分自身の限界を超えて、心や身体に取り返しのつかない傷を負ってしまう前にゆるく働ける方法を検討してみましょう。

22830800 e1659592437954みちるん

自分のためにもあなたの大切な人のためにも、笑顔で心穏やかなあなたを取り戻してくださいね。


当サイトの記事で説明不足な点や解決できない疑問については、コチラのお問い合わせフォームからいつでもお知らせください。ご相談内容は、原則として公開しません。ただし、他の人にも参考になると判断した場合、相談内容に一部変更を加えるなどして、個人が特定できないような配慮をさせていただきます。

ご意見・ご感想をお待ちしております。
ご意見をお寄せください

みなさんのリアルなクチコミが他のユーザーの参考になります。本記事に対しての評価をぜひ、お気軽に投稿してください。

  • 本名や個人情報の投稿はお控えください。
  • メールアドレスは公開されません。
  • 個人を特定する投稿はお控えください。
  • 根拠なき誹謗中傷はお控えください。
  • 口コミは管理者が確認の上、順次公開します。

この記事を書いた人

みちるんのアバター みちるん 現役看護師のサイト運営者

急性期病棟2年→慢性期3年→結婚・出産を経験。
一般企業に就職するも半年足らずで3社から逃げ出した過去を持つ。
ブランク3年で復職、派遣3年→訪看3年→特養2年目。
復職と転職を繰り返し、理想の職場と巡り合う。
神奈川県在住、二児の母。娘の影響でBTSにハマり中。推しはグク✨

目次