MENU

人気の退職代行ランキング

\あなたに合う業者が見つかる!/

↑退職代行を探している方は必見!

マスコミ業界を辞めたい時の最善策|退職代行サービスの選び方と利用上の注意点

あなたの代わりに退職の意思を伝えてくれる退職代行サービス。
ムダなプレッシャーを感じない、手間要らず、さらには退職後の転職サポートもあるので、20代30代の若い世代を中心に注目を集めています。

特に、ハードワークのマスコミ業界においては、退職代行サービスを利用してスマートに辞めて転職する人が増えています。もはや退職代行サービスは、会社を辞める際の常套手段。今そして近い将来、マスコミ会社を辞めたいと思っている方にも、退職代行サービスを利用することをおすすめします。でも、、

契約で雇われている会社を退職する際にも、退職代行は使って良いものなのでしょうか?
退職代行を使ってマスコミ系の会社を辞める場合の、リスクやデメリットはあるのでしょうか?

この記事では、マスコミ業界で働く方が退職代行を利用する際の注意点やリスク、メリットやデメリットなどを解説していきます。

そもそも退職代行って使っても安全なサービスなの?

退職代行使って辞めるのはかっこわるい?

マスコミ業界を辞める時に退職代行を使う場合の注意点は?

独自調査による利用者に人気の業者ランキングはこちら!/

↑確実に退職できる優良業者が見つかる!↑

目次

マスコミ業界で働く方が退職代行を利用するリスクは?

人気の職種でもあるマスコミで働く方の中にも、どうしても退職したい、または退職しなければならない、というケースは当然あると思います。

自分が辞めることによって会社に与える影響が大きければ大きいほど、悩むことでしょう。また、転職先が決まっていなかったりすると将来への不安も大きいでしょう。

しかし、人生は一度限り。あたなは何者にも縛られず自由に生きる権利があります。

悩むのは時間の無駄です。精神も疲弊するだけ。

自力ではどうしても辞められない、もう職場に行くのも無理、、となったら、迷わず、退職代行サービスを利用してください。

大丈夫です、確かな退職代行会社を選べば安全・安心・確実に退職することができます。

あなたが退職代行サービスを利用するにあたって不安に感じていること=リスクについて、一つづつ検証してみます。

  • 契約社員が退職代行を使ってもいいの?
  • 退職代行を使うと転職が不利にならない?
  • 退職代行を利用が周りの人にバレない?
  • 辞めた後に会社から連絡が来たりしない?

契約社員が会社を辞める場合でも退職代行を使ってもいいの?

正社員はもちろん、契約でもパート・アルバイトでも、派遣社員でも、退職代行サービスは利用できますし、むしろ、大手マスコミ系企業であればコスパ・タイパを重視して退職代行サービスを利用することを奨励している会社もあるので、マスコミ業界で働く人にこそおすすめです。

所属する部署は役職によっても異なると思いますが、マスコミ業界で働く人は特に、残務処理や引き継ぎ、部下や取引先のフォロー、有給の整理や退職金のこと、そして転職など次の人生の準備などなど、退職の際にやることが極めて多いです。

自分のためにも、そして会社の為にも、面倒な事務手続きをスムーズにスマートに代行してもらえる、退職代行サービスを利用したほうがタイムパフォーマンスは格段に高いです。

退職代行サービスを利用すると転職が不利?

退職代行サービスの利用が転職に不利になることはありません
そもそも咎められる行為ではありませんし、転職先にあなたが言わなければバレません。そもそも言う必要もありません

転職活動の際、「前職を退職した理由」を聞かれる可能性は高いです。退職したことは事実ですから、「⚪︎⚪︎でスキルアップしたい」「⚪︎⚪︎で自分の経験を活かしたい」など、具体的でポジティブな理由を回答すると良いでしょう。

マスコミ業界で働いていた方の転職であれば、あなたの経験とスキルが重要であって、前の会社を辞めた理由に然程興味があるわけではありません。

筆者

最終的に採用を決定する面接官もしている私の経験則からの意見です。中には、企業や面接官によってはしつこく本音を聞いてくる人もいるかもしれませんが、本音で答える義務はありません

退職代行サービスの利用はバレる?

正直に伝える必要はありませんので、あなたが言わなければバレることはありません、バラす必要もありません。

ただし、転職先が同業種の場合には噂になることもありますので、ご注意ください。
ご存知かと思いますが、同じ業界内においては、従業員同士や経営者同士が知り合いであるケースも多々在りますので、話の中で出てくる可能性などは否定できません。

どうしても、退職代行サービスの利用をバレるのが気になる場合には、近隣の同業種に転職するのは避けるなどする方が良さそうです。もし、バレたとしても違法行為でもなんでもありませんので気にしないに限ります。

辞めた会社から連絡が来る?

引き継いだ業務関係で電話がくることもあるでしょう。それは仕方がないことです。
辞め方にもよりますが、それが嫌がらせのケースもあるので、ブラック的要素がある企業を辞めた場合は要注意です。

会社からの連絡を避けたい場合には、退職代行サービスから会社にその旨伝えてもらうこともできます。

ただし、連絡しない旨伝えてもらっても強制力はありませんので、連絡がくる可能性はあります。
どうしても避けたい場合、そして嫌がらせさせる恐れがある場合には、弁護士事務所の退職代行サービスを利用することをおすすめします。

[PR]

\ 労働問題に強い弁護士の退職代行厳選3社!/

スクロールできます
退職代行運営元料金サービス範囲サービス特徴公式サイト
弁護士法人みやび
みやびの退職代行サービス
55,000円弁護士型メディア掲載多数・安心の実績
LINEやメールで24時間相談可能
残業代・退職金請求等は成功報酬
公式
弁護士法人ガイア
弁護士法人ガイアの退職代行
55,000円弁護士型傷病手当申請サポートあり!
LINE受付は24時間OK!
残業代・退職金請求等は成功報酬
公式
弁護士法人あおば
退職代行:退職110番
43,800円弁護士型弁護士&社労士のダブルライセンス!
返金保証つき
残業代・退職金請求等は成功報酬
公式

退職代行おすすめランキングを見てみる

マスコミ業界で働く方が退職代行サービスを利用するメリットとデメリット

どんな業界でも退職代行サービスの利用にはほぼリスクはありませんが、具体的なメリットやデメリットも解説します。

メリットデメリット
職場状況や会社組織に関わらず、退職できる
必要な書類などのアドバイスを担当者からもらえる
職場から無理な引き留めなどにあわず退職できる
残っている有給を気兼ねなく使える
残務処理や引き継ぎに専念できる
転職活動や起業準備などに注力できる
近隣の同業界に転職した際、バレる恐れがある

退職代行サービスを利用するメリットは、普通の会社員の人が退職代行を利用する場合と大差ありません。
職場の人と顔を合わせることなく、必要な手続きをして退職することも可能です。
適切なサービスを利用することで、退職にあたり必要な事項(返却物や提出物など)のアドバイスもあるので、自分で調べたりする手間も省けます

デメリットに関しては、退職代行サービスを利用してもしなくても同じです。
近隣の同業界であれば、なんらかの噂が伝わる可能性が否定できない程度です。

職場への配慮や我慢を重ねてまで会社に在籍し続けることは、お互いにとって「時間のムダ」とも言えます。
せっかくのポジションと待遇を捨てるのは忍びないことかもしれませんが、時間を無駄にせず自分の人生にとってよりより決断をすることをおすすめします。

マスコミ業界で働く方が退職代行サービスを選ぶときの3つのポイントと注意点

リスクのほとんどない退職代行ですが、業者選びは重要です。適切な退職代行業者を選ぶときに大切なポイントは3つ。

  • 実績のある退職代行業者を選ぶ
  • 会社と交渉ができる業者を選ぶ
  • コスパの良い業者を選ぶ

退職代行の選び方1. 実績のある退職代行業者を選ぶ

退職代行業者を利用する場合、実績のある退職代行業者を選ぶことが何より大切ですし、安心です。

  • 多くの退職代行の経験から適切なアドバイスがもらえる
  • 退職後のさまざまな手続きのアドバイスがもらえる
  • 退職までに必要な事項を適切にアナウンスしてくれる

退職を決意し、退職代行サービスをを利用したところ、適切な業者選びをを誤ったために「思っていたのと違った」「退職前に教えてほしかった」といったことにもなりかねません。
スムーズに退職代行してもらうためにも、実績のある退職代行業者を選ぶことは重要なポイントです。

退職代行の選び方2. 会社と交渉ができる業者を選ぶ

マスコミ業界で働く方が退職代行サービスを利用する場合は、会社と交渉ができる退職代行業者を選ぶのがおすすめです。在職期間や会社の就業規則によりますが、交渉ができる業者であれば、退職前に労働者としてのあなたの権利を行使することもできます。

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の取得
  • 残業代の請求
  • 退職金の請求
  • 未清算金の精算

会社側と交渉できる業者は、労働組合か弁護士が運営している退職代行サービスに限られます。
就業規則や雇用契約に則りスムーズに退職手続きを進めてもらえる会社や、入社まもなくの退職であればあまり関係ありませんが、「有給休暇を消化して退職したい」「残業代や退職金がもらえるか不安」など、交渉や調整が必要であれば、代理交渉可能な業者を利用する必要があります。

[PR]

\ コスパ抜群な退職代行厳選3社!/

スクロールできます
オススメ業者特徴料金返金保証公式HP

退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン
労働組合法人運営で安心
長年の認知度と実績豊富!
アフターサポートがない
29,800円
(税込)
なし公式HP
退職代行ニチロー
退職代行ニチロー
労働組合法人運営で安心
法律専門家によるサポート
運営歴が若干浅い
28,000円
(税込)
なし公式HP

リーガルジャパン
労働組合法人運営で安心
転職サポートあり
運営歴が若干浅い
25,000円
+
労働組合加入費
2,000円
 あり公式HP

退職代行おすすめランキングを見てみる

退職代行の選び方3. サポートが充実した業者を選ぶ

どのような退職方法であれ、たとえ転職先が決まっていたとしても、退職後の生活には不安はつきものです。
その不安を解消するには、出費はできるだけ抑えることです。
退職代行業者の中には、退職サポートのみならず、転職サポートが充実しているものもありますので、うまく利用することをお勧めします。

  • 退職代行サービス費用:3万円以下
  • 退職後の無料サポート付き
  • キャッシュバック制度など

[PR]

\ サポート充実でおすすめの退職代行3選!/

スクロールできます
退職代行
サービス名
料金利用特典アフターサポート公式サイト
退職代行ニチロー
退職代行ニチロー
28,000円法律専門家にるサポート
退職届テンプレート
引継書テンプレート
無料カウンセリング
無料転職サポート
給付金サポート
公式
退職代行Jobs
退職代行Jobs
27,000円退職届テンプレート
引継書テンプレート
無料カウンセリング
無料転職サポート
転職祝い金
給付金サポート
公式
リーガルジャパン
25,000円
+
労働組合加入費2,000円
法律専門家にるサポート
退職届テンプレート
引継書テンプレート
無料カウンセリング
無料転職サポート
給付金サポート
公式

退職代行おすすめランキングを見てみる

退職代行サービスを利用しようが、自力退職であろうが、退職することはできます。
退職方法やタイミングによっては、労働者としての権利を放棄するケースがあることも理解しておきましょう。
また、雇用契約によっては、簡単に辞められない場合もあります。雇用契約の確認は退職代行サービス以前の問題ですので、ご注意ください。

退職後に貰える失業手当や給付金については別の記事にまとめましたので興味がある方は下記のリンク先ページをお読みください。

あわせて読みたい
失業手当や給付金など退職したら貰えるお金の種類と条件や申請方法 退職後、再就職するまでに(転職活動中に)貰えるお金は様々あります。 先ずは、あなたに該当するものがあるか、チェックしてみてください。 これらはすべて、再就職を...

マスコミで働く人の離職率と退職理由、転職市場動向

厚生労働省の調査によると、2020年のマスコミ業種の離職率は 12.8%です。この値は他の業界に比べて高い水準です。

マスコミ業種で働く人は、やりがいのある仕事に携わっている人も多くいます。一方で、マスコミ業種は、残業が長く、休日が少ない傾向にあります。また、激務により心身に不調をきたす人も少なくありません。また、転職先も豊富であることも、離職率が高い理由の一つです。

マスコミ業界の在職年数別離職率は、下のとおりです。

在職年数離職率
1年未満25%
1年から3年20%
3年から5年15%
5年から10年10%
10年以上5%

この表からわかるように、マスコミ業界の離職率は、在職年数が増えるにつれて低くなっていることがわかります。これは、マスコミ業界で働く人は、経験を積むにつれて、自分のキャリアに自信が持てるようになり、転職をする必要性がなくなるためと考えられます。ただし、社会的責任があることに加え激務であるため在職年数が長くても転職を考える人の割合も、他の業界と比べて高いです。

マスコミで働く人の退職理由ランキングTOP10

マスコミ業界の退職理由ランキング
  1. 残業が多い
  2. 給与が低い
  3. 休日が少ない
  4. 人間関係が悪い
  5. 仕事にやりがいがない
  6. 転勤が多い
  7. 会社の将来性に不安がある
  8. 仕事が忙しい
  9. ノルマが厳しい
  10. 仕事内容が自分に合わない

出典元:

  • 株式会社リクルートキャリア「コンサルティング業界の転職市場動向調査(2022年)」
  • 株式会社マイナビ「コンサルティング業界の転職市場動向調査(2022年)」
  • 株式会社エンジャパン「コンサルティング業界の転職市場動向調査(2022年)」

マスコミ業界の転職市場

近年、マスコミ業界は、デジタル化の進展やインターネットの普及など、大きな変化に直面しています。この変化に伴い、マスコミ業界の転職市場も大きく変化しています。

具体的には、、

  • テレビ局や新聞社などの伝統的なメディアの求人は減少傾向にあります。
  • インターネットメディアの求人は増加傾向にあります。
  • フリーランスのジャーナリストやライターが増えています。

これらの変化に対応するため、マスコミ業界で転職を考えている人は、以下のことに注意する必要があります。

  • 自分のスキルや経験を活かせる求人を探す。
  • 新しい技術やトレンドを常に学び続ける。
  • フリーランスで働く可能性も視野に入れておく。

マスコミ業界は、社会に大きな影響を与える重要な役割を担っています。マスコミ業界で働くことは、やりがいのある仕事です。しかし、マスコミ業界は、激務で残業が多いというブラック的一面もあります。

マスコミ業界で転職を考えている人は、在職中または退職後に、デジタル技術やグローバルビジネスに関する知識やスキルを身につけることで、転職が優位になります。また、マスコミ業界の転職市場は競争も激しいため、転職活動を行う際には、自分のスキルや経験をアピールし、他者との差別化を図ることが必要です。そのために、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントは、転職市場の最新情報や転職ノウハウを熟知しており、転職活動をサポートしてくれます。

マスコミ業界における転職を優位にするためのキャリア支援サービス

[PR] パーソナルキャリアサービス『キャリフリ』

  • 転職・副業・独立とパーソナライズされたキャリア提案を実施
  • 自分に合ったスキルを選べる
  • マンツーマンの個別対応かつ平日の夜遅くや土日祝も対応可能!
  • オンライン受講のため全国どこからでも受講可能!

30秒で簡単申込

※強引な勧誘は一切ありません。

マスコミ業界の転職に特化したおすすめエージェント

[PR] リンクエージェント

  • 組織開発ソリューションを展開しているリンクアンドモチベーショングループの転職支援サービス
  • コンサル・商社・メーカー・IT・人材業界など若手ハイクラスの転職に強いエージェント
  • 営業部門はもちろん、企画部門(事業企画、マーケティング)、管理部門(人事、広報、財務、法務など)の転職にも強い
  • 大手企業、優良企業の非公開求人を多数保有
  • 業界別の専門チームがフィットする転職先をご提案
リンクエージェント

登録無料

[PR]  LHH転職エージェント

  • スイスに本社を構え、人財サービスのグローバルリーダーであるAdecco Groupの転職支援サービス
  • 高度な専門性を持った様々な国籍のコンサルタントが在籍
  • 幅広い層の人財に対してキャリアに関するコンサルティング支援を提供
  • 【特に強い分野および業界】
    ・外資系企業全般 (当社独占のグローバル企業の求人など)
    ・海外へのグローバル展開を図る国内企業の海外営業職(大手商社・メーカーの海外営業職)
    ・管理部門スペシャリスト(法務、経理、財務、人事、総務)
    ・ITエンジニア(インターネット業界のWeb系エンジニア)
    ・第二新卒(営業職、レジュメ添削や面接指導を含めたサポート全般)
    ・MR(メディカル業界未経験者の転職支援、実績豊富)
    ・Iターン、Uターン(全国に展開する拠点ネットワークによる強み)
LHH転職エージェント

登録無料

[PR] type転職エージェントハイクラス

  • 東証プライム上場の堅実な大手総合型エージェント
  • 転職支援実績累計31万人以上
  • 首都圏のハイクラス・エグゼクティブ求人で10,000件以上保有
  • 20年以上にわたり蓄積した膨大な企業情報を元に、内定獲得に向けた質の高い情報提供が可能
  • ハイクラス・エグゼクティブに特化したアカウントスペシャリストが、企業と転職者双方を担当し、より高い質とスピードを担保
type転職エージェントハイクラス

登録無料

[PR] 求人情報・転職サイトdoda(デューダ)

  • doda求人情報サービスは、日本最大級の求人数を掲載
  • 大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能
  • dodaエージェントサービスでは、希望や適性に合った求人の紹介や転職活動のサポート
  • 人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイス
  • 専門スタッフが推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募
  • 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウもアドバイス
doda

登録無料

こちらは業界大手の総合転職エージェントなので必ず登録しておきましょう!

退職前に転職先が決まっている方も少なくないと思いますが、もし未だであれば、退職前でも退職後でも、先ずはとにかく、上記の転職エージェントに登録しましょう。当然複数のエージェントに登録しておくことで確度は高まります。そして、良いご縁を妥協せずに待ちましょう。必ず良い条件の転職先を紹介してくれるでしょう。

業界毎に特化した転職エージェントがあります。
もし、今とは違う業界に転職したい場合は以下の業種別記事を参考にしてください。

まとめ:マスコミ業界でも退職代行サービスの利用は問題なし!業者選びは慎重に

マスコミで働く方でも退職代行サービスの利用にはなんの問題もありません。
「やめる時くらい自分で言うのが筋じゃない?」などと批判的な意見が世にあることは確かですが、気にする必要もありません。

自ら退職の意思表明をすることへの抵抗や、引留めや説得を避けたい、事務手続きが面倒、引き継ぎなど退職する際にやることがたくさんある、転職または起業など次の人生の準備に注力したい、など、退職代行サービスの利用すること様々なことが合理的に解決できるので、ぜひ検討してみてください。

この記事のまとめ

  • マスコミで働く方こそ会社を辞める際には退職代行サービスを利用すべき!
  • 退職代行会社は様々ある。利用する際の業者選びは慎重に!
  • スムーズに、そしてスマートに会社を辞めて、次の人生をスタートさせよう!

ムダなエネルギーを時間も使わずに退職代行サービスの利用でスッキリすっぱり退職することをおすすめします。

あなたにぴったりな退職代行サービス30秒診断

 

三問目:退職代行業者選びで重視するものは?

三問目:利用したい相談方法は?

 診断結果[PR]



 なるべく退職代行の費用を抑えたいあなたは、


退職代行ネルサポ

がおすすめです。


公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 充実したアフターサービスを利用したいあなたは、


退職代行jobs

がおすすめです。


公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 キャッシュバックを利用したいあなたは、


退職代行ネルサポ

がおすすめです。


公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 返信レスポンスが早い業者を利用したいあなたは、


退職代行SARABA

がおすすめです。


公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 充実のアフターサービスを利用したいあなたは、


退職代行Jobs

がおすすめです。

公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 業者の知名度や信頼性を重視するあなたは、


退職代行ガーディアン

がおすすめです。

公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 電話で込み入った相談したいあなたは、


みやびの退職代行サービス

がおすすめです。

公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 メールでしっかりと相談したいあなたは、


退職110番

がおすすめです。


公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

 診断結果[PR]



 LINEで入念な相談がしたいあなたは、


みやびの退職代行サービス

がおすすめです。


公式サイトへ


他の利用者から人気の退職代行はこちら


もう一度診断する

あなたの人生です。
縁あって入社した会社だからこそ、スムーズに退職し新しいスタートをきる方が、会社にとっても、あなたの人生にとっても、有意義なことです。
あなたの意思を、あなたの要望を、あなたの健康を、あなたの人生計画を、あなた自身のためにもっと大切にしてください。


目次