退職代行で後悔する?退職代行で後悔しやすいケースと対策方法を解説

退職代行で後悔する?体験談をもとに後悔しやすいケースや対策方法を解説

退職代行で後悔は人それぞれ。準備と業者選びが重要!

この記事のまとめ

  • 退職代行で後悔するかは人それぞれ。
  • 事前準備と業者選びが重要!
  • 自分自身を守るために利用しよう!
  • 退職代行を使いたいけど、後悔したくない…。
  • 退職代行で後悔する人って、どんな人なの?
  • 退職代行で後悔しない方法を知りたい!

あなたの代わりに退職の意思を伝えてくれ、ムダなプレッシャーを感じずに済むと人気なのが退職代行サービス。辞められないブラックな職場に勤めている人やそもそも辞めると言えないなど、自力で退職することが困難な20代の若い世代を中心に人気を集めています。

とはいえ、辞めた後に「やっぱり使わなければよかった」と後悔しないか不安といった意見も少なくありません。

そこでこの記事では、退職代行で後悔しないために利用して後悔した人や後悔しなかった人の意見を紹介。事例をもとに後悔しやすいケースや後悔しないための対策方法・業者の選び方までをまるっと解説していきます。

この記事を読むメリット
  • 後悔した人しなかった人の意見が分かる。
  • 退職代行で後悔しやすいケースが分かる。
  • 後悔しない対策方法や業者選びが分かる。

「やっぱり使わなければよかった」、「やっぱ使っておけばよかった」と後悔しないためにも、退職代行の利用を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

退職代行で後悔するかは人それぞれ。自分を守るために使おう!

退職代行で後悔は人それぞれ

結論から言うと、退職代行で後悔するかどうかは、人それぞれです。

  • 職場環境
  • 人間関係
  • 利用者の価値観

例えば、ブラック企業に勤めている方が「利用して良かった」といった意見もあれば、職場の人に「迷惑をかけてしまった」と後悔したといった意見もあります。

一方で大手企業に勤めている方でも激務にすり減ってしまい、「退職代行を利用して良かった」という意見もあれば、退職後に「罪悪感が残って後悔している」という意見も見られます。

退職代行を利用しようと考えている人の職場や人間関係、さらには価値観などさまざまな要因があるため、絶対に退職代行を利用した方が良いとも利用しない方が良いとも言い切れません。

とはいえ、退職代行の利用を我慢して、体調を崩してしまっては元も子もありません。退職を自分で伝えられるに越したことはありませんが、職場や人間関係、はたまたその人の性格などによって、「誰でも退職を伝えられる」ものではないですよね。自分で退職を伝えるのが難しい場合は、自分自身の身を守る術の一つとして、退職代行を利用する…といった認識でいた方が無難といえるでしょう。

退職代行で後悔するといっても、人それぞれ後悔の形は違います。次の項目で退職代行を後悔した人の口コミや意見についてみていきましょう。

退職代行で後悔した&しなかったそれぞれの意見

退職代行で後悔した&しなかった人の口コミ・意見

退職代行で後悔した意見の中には、さまざまな意見が寄せられ、大きく以下の3通りに分けられます。

  • 退職代行を利用して後悔
  • 退職代行を利用せず後悔
  • 退職代行を利用しても後悔しなかった

退職代行を利用する側の後悔はさまざまな形で見られます。それぞれの内容についてみていきましょう。

退職代行を利用して後悔した人の意見

退職代行を利用して後悔した意見は以下の通りです。

退職代行を利用したことをつぶやかれていたわちよさんは、退職代行を利用して「衝動的にやめられてしまう」手軽さに利用したことを後悔されていました。

退職代行を利用したことをつぶやかれていたこなさんは、退職代行を利用して「職場に自分自身が負けた」気がして、利用したことを後悔されていました。

退職代行を利用したことをつぶやかれていた夜式さんは、退職代行を利用して「自宅に上司が突撃してくるトラブル」が発生し、利用したことを後悔されていました。

以上が退職代行を利用して後悔した人意見ですが、一方で退職代行を利用せずに後悔した人はいるのでしょうか?次の項目で、退職代行を利用せずに後悔した人の意見についてみていきましょう。

退職代行を利用せず後悔した人の意見

退職代行を利用せずに後悔した意見は以下の通りです。

退職代行を利用しなかったことをつぶやかれていたpEaさんは、退職代行を利用せず「職場から恐喝や嫌がらせに遭い」さまざまな嫌な思いをされ、利用しなかったを後悔されていました。

退職代行を利用しなかったことをつぶやかれていたねこさんは、退職代行を利用せず「職場から引き留めに遭い」退職までの期間はかなり苦痛を強いられ、利用しなかったを後悔されていました。

退職代行を利用しなかったことをつぶやかれていた奏真(そぉちゃん)さんは、退職代行を利用せず我慢し、退職までの期間は体調の異変にかなり苦痛を強いられ、利用しなかったを後悔されていました。

以上が退職代行を利用せず後悔した人意見ですが、一方で退職代行を利用して後悔しなかった人はいるのでしょうか?次の項目で、退職代行を利用して後悔しなかった人の意見についてみていきましょう。

退職代行を利用して後悔しなかった意見

退職代行を利用しても後悔しなかった意見は以下の通りです。

退職代行を利用したことをつぶやかれていたおかももさんは、退職代行を利用して「退職して自身の体調が良くなった」ことに感動し、退職代行を利用しても後悔されていませんでした。

退職代行を利用したことをつぶやかれていたさきゆさんは、退職代行を利用して「心身の異常を感じている生活から抜け出せた」ことに感動し、退職代行を利用しても後悔されていませんでした。

退職代行を利用したことをつぶやかれていたVOIDさんは、退職代行を利用して「プロも唖然とするようなブラックな職場を退職できた」ことに退職代行を利用しても後悔されていませんでした。

これまでに退職代行の後悔についてさまざまな意見をみてきましたが、人それぞれ環境や価値観が異なるため、受け取り方もさまざまといえるでしょう。

とはいえ、実際に退職代行で後悔しやすいケースはあるのでしょうか?次の項目で、退職代行で後悔しやすい3つのケースについてみていきましょう。

退職代行で後悔しやすい3つのケース

退職代行で後悔しやすい3つのケース

退職代行で後悔している人の口コミから、大きく分けて以下の3つのケースに該当すると後悔しやすいことが分かりました。

  • 人に気を遣いすぎている(利用者自身)
  • 職場環境に恵まれている(職場)
  • ノウハウの乏しい業者を利用(代行業者)

万が一、上記のいずれかまたは複数に該当する場合は、利用した後に「使わなければよかった」と後悔しないためにも、一度、退職代行の利用を考え直してみるのも一つの手といえるでしょう。

後悔しやすいケース1. 人に気を遣いすぎている

退職代行で後悔しやすいケースの一つとして、人に気を遣いすぎていることが挙げられます。

  • 上司が怖くて言えない…。
  • 同僚の目が気になって…。
  • 職場の人に迷惑をかけるかも…。

実は、自分が気にしているほど、周囲の人はあなた自身が退職代行を使って退職することを気にしていません。

退職直後は、「○○さんが退職代行を使って辞めたって」などと噂になることもありますが、あくまでごくごく一定期間だけです。その後は引継ぎ業務や日常業務に忙殺されて、あなたが退職代行を使って辞めた事実すら忘れ去られていることがほとんど。

周囲の人に気を遣うことは社会人として、「周囲に配慮ができる人」と美徳される一面もありますが、周囲への目を気にしすぎて辞めずにいて体調を壊したり、最悪の場合、職場で倒れたりしたらそれこそ本末転倒といえます。

退職代行を使うことに抵抗はあるかもしれません。しかし、あなたが職場で倒れるなど、最悪の事態を想定すれば、自分自身の身を守るために利用してみるのも一つの手といえるでしょう。

後悔しやすいケース2. 職場環境に恵まれている

退職代行で後悔しやすいケースの一つとして、職場環境に恵まれているが挙げられます。

  • 超絶ホワイトな職場
  • 上司や先輩がめちゃくちゃ良い人
  • 同僚と仲が良く気にかけてくれる

職場環境に恵まれている人は、退職後、「やっぱり辞めなきゃよかった」と退職代行サービスを利用するしないに関わらず、後悔しやすいことがほとんど。

ブラック企業やブラックバイトなどと劣悪な職場環境を示唆する名称が認知されるようになった昨今、恵まれた職場環境はとても貴重な存在です。とはいえ、恵まれすぎている職場で「迷惑ばっかかけて、なんだか申し訳ない」と自己肯定感が低く恐縮してしまう人も少なくありません。

体調に異変を感じたり、あなた自身のメンタルが落ち込んでいるなどの場合を除き、自分自身の気持ちが許す限りは、職場の人としっかりと話し合うことも必要です。話し合いの結果、部署移動や休職といった別の解決策も見いだせることも…。

退職代行はあくまでも手段の一つです。自分で退職の意思や要望を伝えられたり、職場側が配慮してくれる人には、不要なサービスといえます。しかし、自分自身の心や体が悲鳴を上げていて、周囲の人に伝えられない場合、自分自身が壊れてしまう前に積極的に利用すべき手段の一つといえるでしょう。

後悔しやすいケース3. ノウハウの乏しい代行業者を利用

退職代行で後悔しやすいケースの一つとして、ノウハウの乏しい代行業者を利用したことが挙げられます。

  • 自分の要望を叶えてもらえなかった。
  • 退職後、高額な追加料金を請求された。
  • 退職後、職場とトラブルに発展した。

退職代行を利用する人は悪くないのに、利用する業者を見誤ってしまったがために後悔してしまうことが少なくありません。中には、大きなトラブルに発展し、裁判沙汰になるケースや懲戒解雇されてしまうケースも…。

退職代行サービス自体、世間的に認知されるようになったのも2018年頃からで割と比較的新しいサービスです。新しいサービスであるがゆえ、適切なノウハウを持って運営されている退職代行業者もそこまで多くありません。むしろ、やみくもに値段だけで判断すると悪質な業者がほとんど。

「退職代行なんて使わなければよかった」と後悔しないためにも安さだけにとらわれず、実績のある業者なのか?自分の要望は叶えてくれるのか?など、多面的に判断することが後悔しないための対策の一つといえるでしょう。

退職代行で後悔しない5つの事前準備

退職代行で後悔しないための事前準備5つのポイント

退職代行で後悔しないためにもあらかじめ、以下の内容を取り組んでおくことをおすすめします。

  • 自分の不安をまとめる
  • 自分の要望をまとめる
  • 複数の業者に相談する
  • 貸与物を職場に置いてくる
  • 引継ぎ書を作成しておく

自分の不安をまとめる

職場環境や人間関係など、退職時に抱えるであろう自分自身の不安についてまとめておきます。

退職時の不安に感じる作成例
  • 会社が退職を認めてくれなかったら…
  • 残業代はちゃんと支払われるかな…
  • 会社から訴えられたら…
  • 退職代行に失敗したら…
  • 有給休暇はちゃんと使えるのかな…

不安に思う気持ちは、大なり小なりみんな持ち合わせています。「自分が何に不安を感じているのか?」をしっかりと確認しておくと勢いで辞めてしまったあとに後悔することも少なくなりますよ。

自分の要望をまとめる

退職代行で後悔しやすい人は、自分の要望がはっきりしていないことが多く、勢いで辞めてしまってから後悔することがほとんど。「とりあえず辞めたい」だけではなく、具体的に会社側にどのように取り扱ってもらいたいのか?を明確にしておきましょう。

自分の要望をまとめた作成例
  • 勤続年数分の退職金を払ってほしい。
  • 退職時に有給休暇を消化して退職したい。
  • 有給休暇を使い切ってから退職扱いにしてほしい。
  • 14日間は有給消化、未消化分は買い取ってほしい。
  • 引継ぎ書を参考に不足内容は、代行業者を介してほしい。

過去に退職後、必要な引継ぎがされず会社側に経済的な損失を与えたとして、損害賠償を請求された事例も存在します。場合によっては、懲戒解雇対象とみなされることもあるため、自分自身の要望は具体的にしておき、退職時に会社側からの要望は譲歩する気持ちで対応するのが後悔しない一つの方法といえるでしょう。

複数の退職代行業者に相談する

退職代行で後悔しやすい理由に一つとして、悪質な代行業者が存在することが挙げられます。「いち早く辞めたい」とはやる気持ちを言葉巧みに煽り立てて申し込ませ、トラブルに発展するケースも少なくありません。

本当に信用できる代行業者を除いては、複数の退職代行業者に相談することをおすすめします。

  • やりとりは自分に寄り添ってくれているか
  • サービスは自分の要望を叶えてくれるか
  • 追加料金や対象範囲外の内容はないか
  • 支払い方法や手段は利用しやすいものか
  • 自分が不安や疑問を感じずに利用できるか

退職を代行してもらうにあたって、自分の要望を叶えてくれる業者ばかりではありません。中には、退職代行業者からの連絡に感情的になった会社側とトラブルになる代行業者の事例も表立ってニュースにはなりませんが実在します。

焦ってすぐに決めるのではなく、同じ価格帯や似たようなサービス内容の業者を2~3社程度に問い合わせてみるのが後悔しないための一つの方法といえるでしょう。

貸与物を職場に置いてくる

退職後に色々な問題が発生しやすいのが貸与物の返却問題。辞めた後にわざわざ職場に返却するのが億劫になりがちですし、悪意ある会社側は「返却していない」として、執拗に連絡を取ろうとしてくる会社も少なくありません。

  • 制服(クリーニングをかけてから返却)
  • 社員証
  • 保険証
  • 入館証
  • 会社用のスマホやPC
  • ロッカーや机の鍵
  • 名刺など

たかだかボールペン1本で…?と思う人もいるかもしれませんが、会社側からしたらお金を出して購入した消耗品や資産です。個人情報が記載されているものや顧客情報・機密情報が含まれているものも、悪用されたら会社に大きな損失が発生します。

あとあとトラブルになって後悔しないためにも例えボールペン1本であっても、忘れずに返却しておきましょう。

引継ぎ書を作成しておく

あなたが退職後、辞められた会社側は、それまであなたが担当していた業務の穴埋めをするためにかなりカオスな状態になります。ブラックな職場ともなると自宅に訪問してきたり、引継業務が終わるまで退職を認めないなど脅迫まがいの行動をとる会社も少なくありません。

あなた自身がトラブルに巻き込まれないためにも、以下の内容を参考に簡便な物でも引継ぎ書を作成しておきましょう。

  • 担当業務の進捗状況
  • 資料やデータの所在
  • 貸与物の所在

グーグルドキュメントやwordなどで作成し、プリントアウトしたものを自分の机の引き出しや上司・同僚へメール送信しておくなど、見落とされない工夫をしておくことも退職後のトラブルで後悔しないための一つの工夫といえるでしょう。

退職代行で後悔しない業者選び5つのポイント

退職代行で後悔しないための業者選び5つのポイント

退職代行で後悔しないためにも業者選びは最重要です。

以下の内容を参考に業者選びをされることをおすすめします。

  • 運営歴が3年以上
  • 実績件数が5000件以上
  • 労働組合型または弁護士型の業者
  • 退職後のサポートも充実している
  • やりとりがスムーズで自分に合う

退職代行業者は、探し出すと本当にキリがないほど無数に存在します。ひとたび公式サイトにアクセスしてみると「これでもか!」というほど、安さを全面に打ち出した業者や大して運営歴もないのに「多数の利用者から高評価をいただいています!」などと煽り立ててくる業者も少なくありません。

実際に問い合わせてみると、公式サイトで記載されていた内容とかけ離れた対応をしてくる業者やそもそも連絡がつかない業者も比較的多く見られます。公式HPで謳われている内容は参考程度にとどめ、無料相談の範囲内で自分自身の要望や意向をきちんと実現してくれる業者かどうかを見極めることに専念しましょう。

退職代行で後悔しないために事前準備と業者選びはちゃんとしよう!

退職代行で後悔しないポイント
・事前準備をしっかりする
・退職代行業者選びを慎重にする

退職代行は、辞めたいけど辞められない人や辞めさせてくれない人の最後の手段ともいうべき一つの切り札です。しかし、使う側が誤った使い方をしたり、不適切な業者を利用すると自分の意図と反して、後悔する結果を招くことがあります。

この記事のまとめ

  • 退職代行で後悔するかは人それぞれ。
  • 事前準備と業者選びが重要!
  • 自分自身を守るために利用しよう!

自分で「辞めます」と伝えて退職できる人にとって、退職代行は不要なサービスです。しかし、ブラックな職場や不毛な引き留めを受けたり、そもそも自分から言いにくい人や自力で退職するのが難しい人の切り札なのが退職代行サービス。

会社の人に迷惑がかかるからと我慢した結果、体調を崩しても誰も責任を取ってくれません。

少しの後悔と自分の未来どちらが大切ですか?

自分自身を守る手段として、事前準備をしっかりと備えてから適切な退職代行業者を選びましょう。

退職ラボでは、あなたの勇気ある一歩を陰ながら応援しています。
退職代行業者を利用したいけど、間違いのない選択をしたい方は、以下の項目もぜひ、参考にしてください。

退職ラボが一押し!おすすめの退職代行サービス

退職ラボがおすすめする人気の退職代行

どうしても退職代行サービスが選べないという人は、退職ラボ一押しの退職代行を利用しみるのも一つの手です。筆者自身も利用したことのある退職代行の中で、レスポンスの早さや対応が一番良いサービスをおすすめしています。

退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 24時間対応でいつでも相談できる。
  • 手持ちがなくても後払い利用が可能。
  • 弁護士監修の適正サービスで円満退職。
  • 提携先の労働組合でさまざまな交渉が可能。
  • アフターサービスがめちゃ充実している。

退職代行Jobsさんは、退職ラボで一押ししている退職代行サービスです。
おもな理由は、以下の3つ。

  • 筆者が実際に利用した中で一番良かったと実感した。
  • 知人に紹介して、知人も円満退職できた。
  • 退職代行の利用を無理に勧めてこない。

退職代行業者によっては、「今すぐにでも辞めましょう」とサービス利用をゴリ押ししてくるところもありました。しかし、退職代行Jobsさんは、そういったゴリ押ししてくることもなく、苦しい現状を理解しようと努めてくれ、優しく背中を押してくれました。

職場の人間関係に悩み、心身ともに崩壊しそうなほど追い詰められていた折に退職代行Jobsさんに相談したところ、「休職をしてみるのも一つの手ですよ」と、退職代行をすすめてこず、むしろ別の方法を提案してくれたことで、より信頼性が増しました。

同じように職場で苦しい思いをしている人が、退職代行Jobsさんで辛い現状を脱却し、新たなスタートのきっかけになると幸いです。

\ 万全のサポート!退職ラボの一押し! /

↑公式サイトに移動します↑

地域でおすすめの退職代行を探す

地域で探すおすすめの退職代行業者

以下のタブを開き、ご自身の地域で利用できるおすすめの退職代行業者を探してみましょう。

目次