MENU

人気の退職代行ランキング

\あなたに合う業者が見つかる!/

↑退職代行を探している方は必見!

仕事辛い疲れた限界だと悩む50代の傾向と対策~すぐにでも出来る不安解消の選択肢

人材開発専門家としての私(サイト運営者)の知識と経験をもとに、50代で仕事で悩んでいる方に向けて、現状に対するアドバイスと今後どのような行動をとるべきかについて、いくつかの選択肢を提案します。

50代を境に、過去の経験を活かしつつも新しいステップを、と、色々考え、悩み・葛藤することがあります。

いまさらだけど、今の仕事はもう嫌だ。。

とはいえ、今から転職するのは不安だし。。

体調にも不安があるし。。

でも、今までのキャリアを手放すのも勿体ないし。。

この記事が50代の仕事の悩みの解決の糸口となり、今後のキャリアにお役に立てれば幸いです。

目次

50代で仕事辛い疲れた限界だと悩む原因

仕事が辛いと感じたら、まずは原因を特定することが大切です。

仕事が辛いと感じる原因は様々ですが、概ね以下のような原因が考えられると思います。

  • 仕事内容が自分に合っていない
  • 仕事の量が多い
  • 人間関係が悪い
  • 給与が低い
  • 将来に不安がある
  • 体調が優れず仕事に集中できない
  • 家庭環境が変わって仕事に集中できない

etc.

特に、50代においては、次のようなことが大きな要因となっています。

仕事で悩みを抱えている50代の事情

  1. 仕事の量や責任が重すぎる
    50代になると、役職が上がったり、部下の指導や育成を任されたりするなど、仕事の量や責任が大きくなります。そのため、仕事に追われて心身ともに疲弊し、辛く感じてしまう人もいます。
  1. 人間関係に悩んでいる
    50代になると、職場の人間関係が複雑化する傾向にあります。上司や部下、同僚との間で、軋轢や対立が生じるケースも少なくありません。そのため、人間関係に悩んで仕事に集中できないという人もいます。
  1. 仕事に対するモチベーションが低下している
    50代になると、仕事に対するモチベーションが低下し、やりがいを感じられない人もいます。そのため、仕事に意欲が湧かず、辛く感じてしまう人もいます。

これらの事情や特徴は、もちろん個人によって異なります。しかし、50代になると、仕事に対する責任やプレッシャーが大きくなるため、このような悩みを抱える人が増えると考えられます。

また、50代は定年退職を意識する時期でもあります。そのため、仕事に集中できず、転職や独立を考える人もいます。

50代で仕事が辛い、疲れた、限界と感じている人は、まずは自分の悩みの原因を明確にすることが大切です。

原因を特定できたら、それを解決する為にはあなた自身が解決に向けて行動しなければなりません。ただ悶々と悩んでいるだけでは、誰も助けてはくれないし、何も変わらないのです。

効果的効率的に解決に近づくために、以下の要領に従って、今そして次にやるべきことについて考えてみて下さい。

仕事がつらい疲れた限界だと悩む50代が今すべきこと

現代の社会は急速に変化しており、テクノロジーやコミュニケーション手段の進化によって仕事や日常生活が大きく影響を受けています。また、職場の要求や期待も変わりつつあるかもしれません。

まずは、50代のあなたを取り巻く環境と、あなた自身の現状を把握し受け止めましょう

現実を受け止める際には以下のポイントを考慮することが重要です。

経験と価値

50代になると、長い経験と知識を持っています。これまでのキャリアで培ってきたスキルや洞察力を評価し、自分の価値を再確認しましょう。

変化の受け入れ

社会は常に変化しており、新しい技術や方法が出てきます。これに適応し、新たな学びやスキルを取り入れることで、現代の仕事に適切に対応できるようになります。

キャリアの再評価

50代になると、これからのキャリアに対して新しい目標や方向性を見つけることが重要です。過去の成果や興味をもとに、新しいキャリアプランを考えてみましょう。

それらを踏まえて、今後の行動についていくつかの選択肢を提案します。

できるだけ早めに何かしらの行動を起こすことが大切です。何もしないままでは、状況は悪化する一方です。

仕事が辛い疲れた限界だと感じる50代がとるべき行動

スキルのアップデート

現代の職場環境に適応するために、新しいスキルや知識を学ぶことが大切です。オンラインコースやセミナーを利用して、自分のスキルセットを広げてみましょう。

様々なスキルを外出せずに自宅で学べる「ヒューマンアカデミー」のオンライン講座。実際の仕事に必要なスキルを目的の分野に合わせて組み合わせることができます。厚生労働省の教育訓練給付金対象コースも有ります。

マイクロビジネスやコンサルティング

自分の専門知識や経験を活かして、マイクロビジネスを始めるか、コンサルティングとして活動することも考えてみましょう。自分の専門領域で提供できる価値があるかもしれません。

50代の退職、そして転職・独立起業・複業・定年後のセカンドキャリア準備をサポートし、人生後半のキャリア自律を叶える50代向けのオンラインビジネススクールがあります。成功の確度を高めたい方に、おすすめです。

[PR]

転職コース

正しい戦略と圧倒的な行動量で一人ではなし得ない成果を勝ち取る転職活動に特化したパーソナルトレーニング

公式サイト/

[PR]

起業コース

人生後半を起業家・フリーランスとして生きたいミドルシニアのための独立起業準備のパーソナルトレーニング

公式サイト/

新たな趣味や挑戦

50代になると、仕事だけでなく趣味や新たな挑戦にも時間を割くことができます。新しい趣味を見つけることや、人生の別の側面を楽しむことで、仕事の辛さを軽減できるかもしれません。

ご存知、生涯学習のユーキャンには、将来役立つ資格・技能から、楽しい趣味・教養まで、100以上の通信講座があります。学ぶ時間も場所も思いのまま。自分のペースでしっかり楽しく学べます。

[PR]

生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャン

まずは無料で資料請求/

メンタルヘルスのケア

仕事の辛さを感じる時には、メンタルヘルスのケアを重視しましょう。ストレス管理やリラクゼーション方法を取り入れ、心身の健康を保つことが大切です。

臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスがあります。話しやすいスタイルを選んで、自分に合った専門家を見つけるまでお試しカウンセリングも可能です。

[PR]
【URARAKA(ウララカ)】

オンラインカウンセリング・うららか相談室

\国内最大級のオンラインカウンセリング/

仕事が辛い疲れた限界だと感じる50代の選択

過去の経験を活かしながらも新しい可能性に開かれ、自分の価値観や興味に基づいて未来を築くことで、50代でも充実したキャリアと人生を実現することができるでしょう。

つらいと感じている時こそ、積極的に行動することが大切です。
行動することで、つらいと感じていたことが、成長の糧になるはずです。人生100年時代といわれる昨今、50代は未だ折り返し地点です。ぜひ上記アドバイスを参考に、積極的に行動して、まだまだ成長を遂げてください。

無論、最終的な選択肢は、その人の状況や価値観によって異なります。専門家のアドバイスを受けつつ、自分自身の気持ちや目標を大切に考えながら、今後の道を選んでいくことをお勧めします。

退職する場合の最善策

もはや今いる会社には期待せず、退職を選択することも賢明な判断だと思います。長く勤めた会社だと未練があるかもしれませんが、ドライに割り切って、これからは自分優先に考えましょう。

もし、仕事を辞める・会社を退職するという選択(決意)をしたならば、先ずは、誰よりも先に(会社に届け出るよりも先に)退職代行サービスに相談することをおすすめします。※相談は無料です。

どんなに理不尽な会社でも、退職代行サービスを利用することで、円満且つスムーズに、安全確実に会社を辞めることが出来ます。厄介な事務手続きはもちろん、会社との交渉事もお願いできる退職代行サービスもあるので、全てを任せて、次の新しい人生への準備を優先させることが出来ます

あわせて読みたい
退職代行サービスの9つのメリット!面倒がなくなる! この記事のまとめ 退職代行のメリットは、退職時のさまざまな面倒くさいがなくなる メリットを最大限活かすには、会社と交渉できる業者を選ぶ! 退職代行サービスは新し...

退職する前に想定しておくべきリスク

50代が仕事(会社)を辞める際には、以下のリスクが考えられます。

  • 再就職の難しさ
    50代になると、再就職が難しくなる傾向があります。これは、年齢による経験やスキルの不足、体力や健康面の不安など、さまざまな理由が考えられます。
  • 社会とのつながりの減少
    仕事は、社会とのつながりのひとつです。退職することで、社会とのつながりが減少する可能性があります。社会とのつながりが減少することで、孤独感や疎外感を感じてしまうこともあるでしょう。

これらのリスクを回避するためには、現実に目を向け、自らが自らに合った対策を実践することが大切です。それは会社を辞める場合も辞めなないで続ける場合でも同じです。上記のアドバイスを参考に、慎重にしっかりと準備をして、前向きで積極的に行動しましょう。

参考記事:会社を辞めたい50代のための退職・転職の傾向と対策


退職ラボは、あなたの勇気ある一歩を応援しています。
退職代行業者を利用したいけど、決めかねている、失敗したくない、、という方は、退職ラボでおすすめする退職代行業者もぜひ参考にしてみてください。

退職ラボが一押し!おすすめの退職代行サービス

退職ラボの一押し!おすすめの退職代行

[PR]

退職代行ガーディアン
  • 実績豊富な東京労働経済組合が運営!
  • 労働組合型で違法性の心配なし!
  • 労働組合の認知度・知名度バツグン!
  • 知名度がある労働組合のサービスを利用したい人
  • サポートよりも実力を重視する人
  • 知名度や実績で業者選びをしたい人

労働組合人が運営なので違法性の心配もなく、利用者からも高評価のサービスです。

退職代行ガーディアンの一押しポイント
  • 労働組合法人が運営しているため違法性がない。
  • 労働組合法人の中でも数少ない届出認証を受けている。
  • 追加料金の心配なしの一律29,800円(税込)
  • 転職サポートなどはないけどトラブルなく退職できる。
  • 利用者の評判が「安心して辞められた」と特に評価が高い。

退職代行業者によっては「今すぐにでも辞めましょう」とサービス利用をゴリ押ししてくるところもあります。
しかし、退職代行ガーディアンはいきなり退職をゴリ押ししてくることもなく、苦しい現状をしっかりと整理して理解しようと努めてくれました。

他の利用者からも同様の声が多く見受けらるのですが、電話の対応もきっちりしています。しかも「東京労働経済組合」という名称にも効き目あり。会社側が面倒事に巻き込まれないようにスムーズに退職手続きを行なってくれるのです!

自力で退職が困難な人にとっては、知名度がある退職代行業者が手続きを代行してくれるだけでこんなにもスムーズに事が進むのか!と自分自身が辞められずに悩んでいたのがアホらしくなるほど。

過去のわたしと同じように職場で苦しい思いをしている人が、退職代行ガーディアンを利用して辛い現状を脱却することで、新たなスタートのきっかけになると幸いです。

[PR]

\ 労働組合対応で信頼性バツグン!

↑公式サイトに移動します↑

この記事の著者情報
退職ラボの運営者
著者
  • 1980年 奈良県生まれ、神奈川県在住。
  • 7社中6社で退職代行を利用して退職。
  • バイト含め、20数社の退職経験。
  • ブラック企業で職場いじめを経験。
  • パワハラ、モラハラで精神崩壊した。
  • のべ3年半の休職経験あり。
  • 現在は人材開発専門家として複数のベンチャー企業にてHRBPを務める。

筆者のSNS情報⇒     

目次