退職後の看護師が失業保険や給付金を最大28ヶ月もらえる方法〜看護師やめたい・働きたくない・働けないなら退職前に要確認

この記事にはプロモーションが含まれています

退職時に転職先が決まっている、出産や家族の転勤などで休職が決まっている、そんな場合には心配ありませんが、転職先が決まっていない、さまざまな事情ですぐに働くことができないような場合には、今後の生活が不安になりますね。

退職後にもらえる失業保険はよく知られていますが、他にも傷病手当金や再就職手当など、いくつもの公的な手当や給付金があります。このような手当や給付金の申請は難しく、自分で対応するには難易度が高すぎます。

確実に給付金を受け取るには、専門家に相談しサポートを受けるのが一番です。「社会保険給付金アシスト」というサービスでは、金銭的リスクなしで、専門家のサポートを受けながら、最大28ヶ月間の社会給付金を受け取ることができます。

みちるん

あなたが受け取ることのできる可能性のある給付金を、最大限に受け取るには、確実な手続きが必要です。
失敗すると、申請が通らなかったり、給付がストップされることも。後悔しないためにも、退職前にしっかり準備してくださいね。

  • 最大28ヶ月受給できる公的制度
  • 1,000人以上のサポート実績あり
  • 全額返金保証で金銭的リスクなし
社会保険給付金の申請には社労士レベルの知識が必要といわれています。もらえる可能性のある給付金を、迅速・確実に最大限受け取ることができるように、プロに相談してみましょう。
問い合わせや相談は、365日24時間対応、無料です。
目次

社会保険給付金アシストとは?

社会保険給付金アシストとは、どのようなサービスなのか、安心して依頼できるのか、わかりやすく解説していきます。

そもそも社会保険給付金とは?

社会保険給付金とは、退職後次に働き始めるまでにもらえる失業保険や傷病手当金などの総称です。

それぞれの給付金は、退職後の働けない期間の生活が困らないように給付される公的な制度ですから、条件を満たせば誰でも受け取ることができます

その原資は、労働者の給与からの天引き、企業の負担、国庫からの支出なのですから、給付金を受け取ることに後ろめたさを感じる必要はありません。

みちるん

最大28ヶ月、合計で数十万〜数百万受け取れる可能性があります。

社会保険給付金アシストとは?

社会保険給付金アシストは、社会保険給付金の中から傷病手当金と失業手当を確実に受け取ることができるよう、個々の状況に応じて申請のサポートや代行をしてくれるサービスです。

失業保険だけでも、自己都合退職と会社都合退職では給付条件や内容が変わってきます。

自己都合退職の場合、失業保険の給付期間は90~150日。でも、最長の150日受け取るには、雇用保険の加入期間が20年以上が必要です。

そこに、他の社会保険を併用することで、最大28ヶ月給付金を受け取ることも可能になります。

申請はかなり複雑で、専門知識も必要とされます。社会保険給付金アシストのサービスを利用することで、受給金額の大幅アップや、給付期間の延長で、最大限受け取ることができるようにサポートしてもらえます

しばらく働く予定がない、しばらく休みたい方は、相談してみて損はありません。

\LINEやメールで相談無料/

社会保険給付金アシストの利用条件は?

社会保険給付金は、公的制度ですから誰でも利用できますが、実際に受け取るには条件を満たす必要がありますこの条件を満たすことが、社会保険給付金アシストの利用条件でもあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

この条件を満たしていない場合でも、一部の給付金を受け取ることができるケースもあります。個々人の状況によって、受給資格があるかどうか異なりますので、無料相談で聞いてみることをおすすめします。

みちるん

余裕を持ってしっかり準備できるよう、退職の2週間以上前に無料相談しておくことをオススメします!

社会保険給付金は自己申告だからハードルが高い

社会保険給付金は、退職したから自動で支給されるわけではありません。自分で必要な書類を用意し、申請しなければなりません

失業保険は離職票があればなんとかなりますが、給付期間は通常たったの3ヶ月。必要な申請をすることで、最大28ヶ月もらうこともできますが、この手続きのハードルが高いのです。

給付金申請のハードルとは?
  • そもそも制度を知らない
  • 申請手続き自体が複雑
  • 職場(勤務先)にも申請用紙に記入してもらう必要がある
  • 医師に「病気やケガで仕事ができない状態」であることを証明してもらう必要がある
  • 保険組合に申請を拒否される可能性がある

申請手続きは複雑で、社労士レベルの専門知識がなければ、申請用紙を用意するだけでも挫折します。なんとか申請したところで、不備があれば給付されません。書類の不備を繰り返せば、今度は不正受給を疑われ受給できなくなる可能性もあります。

制度を熟知した専門家に任せておけば安心ですし、最大限の社会保険給付金を受け取ることが可能になります。長年払ってきた保険料も無駄になりませんし、退職後の生活への不安も解消されます。

\LINEやメールで相談無料/

社会保険給付金アシストを利用するメリットは?

メリット① 最大限の給付金を受け取ることが可能

あなたが得ることのできる最大限の給付金を受け取ることができるよう。専任のプロ(担当コンシェルジュ)が、しっかりサポートしてくれます。

どんな制度を利用できるのか、どのように申請するのか、必要な書類は何なのか、、、面倒で複雑難解な手続きを自力で調べる必要も、頭を悩ませる必要もありません。しかも、自力で申請するよりも給付額も給付期間もアップする可能性が高いのです。金銭的な不安の解消に直結します。

メリット②:社会保険に詳しいプロからのアドバイスとサポート

専門知識を必要とする社会保険給付金のシステムや法制度を理解しているプロ(担当コンシェルジュ)から、アドバイスとサポートをもらえます。

プロのアドバイスが必要な理由は?
  • 最新の正確な情報がもらえる
  • 受給資格の有無が確認できる
  • 適切な給付金の種類や金額がわかる
  • 個別に最適なアドバイスがもらえる
  • 職場(勤務先)とのトラブルのリスクを抑える
  • 迅速かつ正確な申請ができる
  • 自分で申請するよりも、受給開始時期が早い
  • 自分で申請するよりも、給付額や給付期間が増える

失業保険といっても、雇用保険の加入期間などにより、必要書類や支給額が異なります。また、会社から自己都合退職とされても、申請によって会社都合の退職扱いとされることで、失業保険の受給期間も異なります。

最低限の給付受け取る申請は自分でできても、最大限かつ最長の給付を受け取るには、やはりプロの知識ととサポートが必要です。

メリット③:全額返金保証制度があるので安心

社会保険給付金アシストでは、万が一受給ができなかった場合には、全額返金保証をしています。

金銭的に損をする心配は一切ありません。

サービス開始(契約書とサービス料金の支払い)前に、WEB説明会や個別相談があります。いずれも無料ですから、不安や疑問を解決してから利用することができます。

メリット④:24時間365日、全国どこでも対応可能

\LINEやメールで相談無料/

社会保険給付金アシストは、24時間365日、全国対応。

無料相談はLINEやメール、無料の個別相談も対面やWEB、サービス開始後はチャットツール「chatwork」ですから、不規則な生活をしている看護師でも時間を気にする必要もありません

メリット⑤:超おトク!退職代行サービスが無料

社会保険給付金アシストでは、退職代行サービスを無料で提供しています。

通常、労働組合が運営する退職代行サービスを利用すると、利用料は2万円程度。無料で使えますので、退職に関する面倒なアレコレもまるごとお任せできます。

社会保険給付金を受け取るまでの流れは?

社会保険給付金を受け取るには、次にような流れになります。

STEP
社会保険給付金アシストにお問い合わせ

まずは、気軽に問い合わせてみましょう。

STEP
無料WEB説明会&個別相談

適用条件を確認後、制度の概要やサービス内容に関する無料WEB説明会があります。その後、個々人に合わせた個別無料相談ができます。

STEP
サービス開始

サービス内容に同意したら、契約書を交わします。サービス料金を支払うとサービス開始です。

STEP
必要書類の準備と提出

必要な書類の準備、記入方法等、申請方法等もひとつひとつ丁寧にサポートしてもらえます。
所定の機関への提出、申請は本人が行います

STEP
所定の機関での審査、受給確定

書類提出後、審査が開始されます。
審査が完了し無事に受給が確定すると、約1~2週間であなたの指定口座に給付金が振り込まれます

制度上、受給者本人が申請することになりますが、申請に必要な書類もサポートを受けながら用意できるので、迅速に進みます。

退職代行サービス(無料)を利用すれば、退職の手続きも任せて安心です。

社会保険の申請に際してサポートを受けることや、労働組合が運営する退職代行サービスを利用して退職することに、法的な問題はありません。安心して利用することができます。

\LINEやメールで相談無料/

社会保険給付金アシストの手数料・費用は?

社会保険給付金アシストのサービスを利用するには、所定の料金がかかります。

社会保険給付金アシストの手数料・費用はどのくらい?

社会保険給付金アシストの手数料は、あなたが受け取る給付金の10-15%が目安です。申込者の状況によっても異なりますが、プランや料金も説明も個別面談の際に案内があります。

また、サービスを利用し申請したにもかかわらず、受給できなかった場合には全額返金保証がついています。実質、金銭的なリスクはありません

すでに、1,000人以上のサポート実績があり、顧客満足度も98%達成。現在まで、トラブルはないそうです。

    手数料の支払いはモッタイナイ? 自分でする方がおトク?

    せっかく給付されるのに、10-15%の手数料を支払うのは、少し損をしたような、もったいないような気がするかもしれません。

    社会保険給付金は、サポートを使わず、自分の力で申請することも可能です。でも、次のような大きな壁を自分で乗り超える必要があります。

    自分で申請する時の大きな壁とは?
    • 社会保険給付金の申請方法や書類を自分で調べ、用意する必要がある
    • 必要書類の用意を会社に拒否される〜会社は退職する人の面倒はみない
    • 必要な診断を病院に拒否される〜医師は給付金を取らせることが仕事ではない

    社会保険の種類、自分に該当するのか、どこにいつまでにどのような書類を用意して申請するのか、調べなければなりません。ネット検索ですべて解決するのは難しく、電話をしたり、出向く必要もあるでしょう。

    職場に聞いたところで、離職票の用意はしてもらえても、給付金受給のサポートはしてもらえません。そもそも、給付金申請の手伝いは職場側の仕事ではありませんし、多忙な業務の中で辞める人の面倒を見る義理も義務もないからです。

    医師にもらう書類も同様です。看護師のあなたがよく知っている通り、医療機関は人手不足で常に多忙です。医師の仕事は、病気の人を診て助けることであり、給付金をもらうためのサポートではないのです。

    なんとか自力で用意し申請したところで、不備があれば審査は通りませんし、不備のある書類を何度も提出すると不正受給を疑われることもあります。受給できなければ、時間も労力も全て無駄になります。

    手数料は安くはありませんが、自分の手間や、自分で申請したらできないリスクを考えると、最初から専門家のサポートを受けておくのが賢明といえるでしょう。

    社会保険給付金アシストを利用すれば最大28か月給付金がもらえるのは本当?

    通常、失業保険だけの場合、年齢や社会保険の加入年数にもよりますが、支給されるのは3か月程度です。他の社会保険を合わせることで、最大28ヶ月間支給される可能性があります。

    人にもよりますが、例えば社会保険の給付金を18か月受け取り、その後雇用保険の給付金を10か月受け取るといったことが、可能になるのです。

    • 最大28ヶ月受給できる公的制度
    • 1,000人以上のサポート実績あり
    • 全額返金保証で金銭的リスクなし
    社会保険給付金の申請には社労士レベルの知識が必要といわれています。もらえる可能性のある給付金を、迅速・確実に最大限受け取ることができるように、プロに相談してみましょう。
    問い合わせや相談は、365日24時間対応、無料です。

    社会保険給付金アシストに関するよくある疑問

    1,000人以上の利用実績があるとはいえ、まだ1,000人程度。知名度も低いので、不安や疑問があっても当然です。よくある疑問や不安をまとめておきますので、参考にしてみてくださいね。

    誰でもサービスを利用できるの?

    1年以上社会保険に加入しており、まだ申請していない場合にはサービスが利用できます。適用条件は、個々人で異なりますので、無料相談で確認してみましょう。

    相談や問いあわせは無料なの?

    相談や問い合わせだけであれば、無料ですから安心です。
    費用が発生するのは、正式にサービスの利用を申し込んだ後だけです。

    サービスは利用しないかもしれないけど、相談だけでも大丈夫?

    相談だけでも大丈夫です。もちろん、無料です。

    地方に住んでいてもサービスは使えるの?

    リモート対応しているので、全国どこに住んでいても利用できます。

    利用料や手数料がどのくらい?

    トータルで受け取る金額の10%~15%程度が目安です。個々人によって状況が異なりますので、無料相談でプランや条件を確認してみましょう。

    社会保険給付金アシストを利用しても受給できなかったら?

    サービスを利用しても、受給できない場合には、全額返金保証があるので安心です。金銭的なリスクはありません。

    社会保険給付金アシストを利用するデメリットは?

    失業保険同様に、給付金を受け取っている期間は働くことができません。期間内は、スキル取得などの勉強に充てると、次のステップへ繋がり、有意義に過ごせますよ。

    社会保険給付金アシストを利用すると、利用しない場合と比べてどのくらい受給額が増えるの?

    個々人によって状況も異なりますが、平均して数百万円ほどアップ、約7倍~10倍になる方が多いようです。

    すでに退職してしまいましたが、サービスを受けることはできるの?

    退職済みでも条件を満たしている場合には、間に合うケースもあります。気軽に問い合わせをしてみましょう。

    社会保険給付金は公務員の看護師でも受け取れる?

    公務員の看護師は、失業保険の対象外ですが、失業保険以外の社会保険給付金は公務員でも受給できます。諦めないで、気軽に問い合わせをしてみましょう。

    うつ病で働けない場合も社会保険給付金を申請できる?

    うつ病を患い働けない方でも、社会保険給付金の対象です。気軽に問い合わせをしてみましょう。

    腰痛で働けない場合も社会保険給付金を申請できる?

    社会保険給付金の対象ではありますが、個々人の状況によっても異なりますので、気軽に問い合わせをしてみましょう。

    みちるん

    私は退職後にこのサービスを知り、愕然としました。。
    私のような残念な思いをしないように、退職を検討したり退職が決まったら、余裕を持って相談してみてくださいね。

    • 最大28ヶ月受給できる公的制度
    • 1,000人以上のサポート実績あり
    • 全額返金保証で金銭的リスクなし
    社会保険給付金の申請には社労士レベルの知識が必要といわれています。もらえる可能性のある給付金を、迅速・確実に最大限受け取ることができるように、プロに相談してみましょう。
    問い合わせや相談は、365日24時間対応、無料です。
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    みちるんのアバター みちるん 元看護師のサイト運営者

    子育て中の元ナース。

    病棟勤務中に妊娠&休職。復職後、医療事務、派遣ナース、訪看、特養施設で勤務し、家庭の事情で退職。現在は在宅ワーカー。

    過去のキビシイ職場環境、退職・転職経験から学んだことを、悩み多き看護師に向けて発信しています。

    目次