新卒で退職代行を使って大丈夫?体験談と失敗しない方法を解説

新卒が退職代行サービスをつかっても...?注意点や体験談を紹介

新卒や入社すぐでも退職代行はリスクほぼなし!業者選びは慎重に!

この記事のまとめ

  • 新卒でも退職代行利用OK!
  • デメリットやリスクもほぼなくおすすめ。
  • 利用する際の業者選びは慎重に!
  • 新卒で入社したけど、退職代行って使えるの?
  • 退職代行って、新卒で使うときの注意点ってあるの?
  • 新卒で使った人の意見や体験談を教えて。

あなたの代わりに退職の意思を伝えてくれ、ムダなプレッシャーを感じずに済むと人気なのが退職代行サービス。さらには退職後の転職サポートを行ってくれるなど、20代の若い世代を中心に人気を集めています。とはいえ、新卒の人や入社してすぐでも使えるのでしょうか?

この記事では、新卒の人が退職代行を利用する際の注意点やリスク、メリットやデメリットなどについて解説していきます。実際に新卒で退職代行を利用した人のインタビューやおすすめの業者などもあわせて解説いたします。

この記事を読むメリット
  • 新卒の人が退職代行を利用する際の注意点が分かる。
  • 新卒の人が利用するメリット・デメリットが分かる。
  • 新卒で退職代行を利用した人の体験談が分かる。

新卒でも退職代行が利用できるか気になっている人や新卒の人向けの退職代行業者を知りたい人は、ぜひ参考にして下さい。

新卒入社の退職代行を利用する理由の多くは入社前後のギャップ

新卒が退職代行を利用する理由

仕事や労働条件が合わないと上司に言っても、引きとめられたり気まずくなるのが嫌精神的につらいなどの理由から、退職代行を利用して辞める新卒は少なくありません。会社を去る理由の多くは、入社前後のギャップが大きくなっていことがほとんど。厚生労働が定期的に実施している雇用動態調査の結果、新卒入社で退職するおもな理由は、以下の通り。

新卒の退職理由ランキング
  1. 仕事が自分に合わない
  2. 労働時間や休暇の条件が良くなかった
  3. 人間関係が良くなかった
  4. ノルマや責任が重すぎた
  5. 賃金の条件が良くなかった
  6. 健康上の理由
  7. 会社に将来性がない
  8. 自分の技能・能力を活かせなかった
  9. 倒産、整理解雇や希望退職に応じた
  10. 結婚・子育てのため

出典元:労働政策研究・研究修機構|若年者のキャリアと企業による雇用管理の現状

新卒の退職率は、3割以上
厚生労働省:若年者雇用実態調査結果の概況

厚生労働省の調査では、入社後3年以内に辞めてしまう新卒社員の離職率は、全体の30%以上という結果が出ています。特にコロナ禍以降は、上司とのコミュニケーションに苦痛を感じて、自分から退職を切り出せず、退職代行サービスを利用したいと考える人も増えています。

とはいえ、安易に退職してしまうと「やっぱり辞めなければ良かった」となりかねません。次の項目では、退職代行を利用する際の注意点について、みていきましょう。

新卒で退職代行を利用する際の5つの注意点

新卒が退職代行を利用する5つの注意点

期待と不安で会社に入ったものの、「自分が予想したのと違った」会社の場合退職代行を利用して退職することは可能です。しかし、安易に退職してしまうと「辞めなければよかった」と後悔することも…。退職代行を利用する際に注意すべき点は、以下の通り。

  • 有給休暇(勤続6ヶ月以上)
  • 退職金(社内規定による)
  • 失業保険(勤続1年以上)
  • 転職時の退職理由
  • 退職後の諸手続き

一般的な退職と同様に早期退職のリスクについて、あらかじめ把握しておかなければなりません。退職の自由は法律で定められており、退職自体はいつでも退職することができます。しかし、退職の自由をそもそも認知されていることが少なく、「辞めたいのに辞められない」という事態が起きているのが現実です。

改正第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条 – Wikibooks

一方で退職代行を利用するリスクはあるのでしょうか?次の項目では、退職代行を利用するリスクについて確認していきましょう。

新卒が退職代行を利用するリスクは? ほぼありません

新卒が退職代行を利用するリスク

新卒が退職代行を利用する際、「リスク」と感じてしまう要素はありますが、基本的に新卒が退職代行を利用してもリスクはありません。例えば、リスクと感じる要素は以下の通り。

  • 退職代行を使うと転職が不利にならない?
  • 会社の人が自宅に訪問して来ない?
  • 退職代行を利用が周りの人にバレない?

新卒で退職代行を利用する場合、社会人経験がそもそも少ないことが多く、さまざまな不安に駆られがち。しかし、基本的に自分自身から退職代行の利用した事実を言わなければ、バレません。

転職活動の際、「前職を退職した理由」を聞かれることがあります。退職した事実はごまかしようもないので、「〇〇の職種でスキルアップしたい」などと具体的にポジティブな内容に修正してから回答すると良いでしょう。

ブラック企業の場合、上司や会社の人が自宅に訪問することがあります。しかし、基本的に退職した後も自宅に訪問してくることは、ほとんどありません。もし、自宅に訪問するようなことがあれば、住居不法侵入などの不法行為として、積極的に自分自身の身を守ることに専念しましょう。

退職代行を利用してもあまりリスクがないことは分かりましたが、新卒の人が退職代行を利用するメリットやデメリットはあるのでしょうか?次の項目では、新卒の人が退職代行を利用するメリット・デメリットについて、みていきましょう。

新卒が退職代行を利用するメリットとデメリット

新卒が退職代行を利用するメリット・デメリット

新卒の人が利用して退職してもリスクのほとんどない退職代行サービスですが、実際に新卒の人が退職代行を利用した際のメリット・デメリットは、以下の通り。

メリットデメリット
職場状況や会社組織に関わらず、退職できる
職場の人たちに顔を合わせることなく退職できる。
必要な書類などのアドバイスを担当者からもらえる。
職場から無理な引き留めなどにあわず退職できる。
同業界に転職した際、バッティングする恐れがある。
会社や先輩に不義理な印象を与えることがある。退職時期により、有給や失業保険がもらえない。

新卒以外の人が退職代行を利用する場合のメリットと大差ありませんが、デメリットに関しては、在職期間や就職期間が短いため、金銭的なデメリットを感じてしまいがちになります。

とはいえ、自分自身の大切な時間を合わない会社のために消費するのは、「時間のムダ」と感じる意見も少なくありません。人によって、価値観もそれぞれなので、退職代行の利用を絶対的におすすめしていません。退職代行を利用して退職した方がコスパが良いと感じる人は、利用すると良いでしょう。
≫退職代行サービス利用時の9つのメリットは退職時の面倒がなくなる!

新卒の人でも退職代行を利用したメリット・デメリットについて確認してきましたが、実際に新卒で退職代行を利用した人はいるのでしょうか?実際に新卒で退職代行サービスを利用した人の体験談を次の項目で確認していきましょう。

新卒で退職代行を使った人の体験談(動画)

退職代行を利用した新卒の体験談(インタビュー)

新卒で退職代行を利用した人の独自インタビュー

退職代行の利用を検討している人や不安に感じている人の意見をSNSで調査したところ、以下の意見が得られました。

SNSの発信をされている方の中でコンタクトをとり、実際に退職代行サービスを利用した人にインタビューをしました。

退職代行を利用された方の中で、新卒で利用した人の貴重な体験談を伺うことができました。状況や立場によっては、自分自身から退職を切り出せない人にとっては、退職代行を利用するのも一つの手といえるでしょう。

それでは、新卒で退職代行を利用する場合、どういった業者選びをすればよいのでしょうか?次の項目では、新卒で退職代行を利用する人の業者選びのポイントについて、みていきましょう。

新卒の退職代行業者選び3つのポイント

新卒が退職代行を利用する際の業者の選び方3つのポイント

新卒の人が利用してもリスクのほとんどない退職代行ですが、新卒の退職代行業者選びの3つのポイントは、以下のとおりです。

  • 実績のある退職代行業者を選ぶ
  • 会社と交渉ができる業者を選ぶ
  • コスパの良い業者を選ぶ

特に新卒の人は、退職代行業者の選び方はさまざまな観点がありますが、特に新卒方向けの業者選びの3つのポイントについて、みていきましょう。

選び方1. 実績のある退職代行業者を選ぶ

新卒で退職代行業者を利用する場合、実績のある退職代行業者を選ぶことが何より大切です。実績のない退職代行業者の場合、誤ったアナウンスがされたり、トラブルになることもあります。

  • 多くの退職代行経験から適切なアドバイスがもらえる
  • 退職後のさまざまな手続きのアドバイスがもらえる
  • スムーズに退職までアナウンスしてくれる

せっかく退職代行を利用しようと思っても、誤った業者選びをしてしまうと、「思っていたのと違った」、「退職前に教えてほしかった」といったことにもなりかねません。スムーズに退職を代行してもらうためにも、実績のある退職代行業者を選ぶことは、重要なポイントの1つといえるでしょう。

選び方2. 会社と交渉ができる業者を選ぶ

新卒で退職代行業者を利用する場合、会社と交渉ができる退職代行業者を選ぶのがおすすめです。在職期間や会社の就業規則によりますが、交渉ができる業者の場合、以下の内容を会社側と交渉できます。

  • 退職日の調整
  • 有給休暇の取得
  • 残業代の請求
  • 退職金の請求
  • 未清算金の精算

会社側と交渉できる業者は、「労働組合」か「弁護士」が運営、または提携している運営元に限られます。「有給休暇を消化して退職したい」、「残業代や退職金をもれなくもらいたい」など、自分ではなかなか言えない内容を会社側と交渉したい場合は、労働組合や弁護士が運営、または提携している退職代行業者を選ぶと良いでしょう。

選び方3. コスパの良い業者を選ぶ

退職代行の利用いかんに関わらず、「退職後の生活が不安」という意見が散見されます。特に退職代行業者を利用する場合、コスパの良い業者を選ぶのがおすすめです。以下の項目を参考に、自分なりのコスパの良し悪しの審美眼を確立しておきましょう。

  • 実勢価格:3万円以下
  • 退職後の無料サポート付き
  • キャッシュバック制度

大手企業に勤めている人を除いては、収入的に厳しいことが多く、退職後の生活に不安を抱えている人がほとんど。退職後に生活の不安を大きくしないためにも、なるべく費用負担が大きくない退職代行業者や転職サポートがついている業者、転職成功時にキャッシュバック制度を設けている退職代行サービスを利用することがオススメです。

新卒は労働組合の退職代行がおすすめ

これまでのポイントを確認していくと、新卒におすすめの退職代行サービスは、労働組合が運営している、または提携している退職代行サービスがおすすめです。退職代行の運営元によるサービス提供範囲の違いは、以下の通り。

スクロールできます
比較項目労働組合法人弁護士事務所一般企業
会社への通知できるできるできる
即日退職できるできるできる
有給休暇の消化できるできるできない
残業代などの請求できるできるできない
退職届の代筆できないできるできない
裁判の代理人できないできるできない
サポート普通~少ないほぼない充実~多い
料金相場2~5万円5~20万円1~5万円
おすすめな人コスパ重視安心感重視サポート重視

退職代行を利用する場合、利用目的によっておすすめできる退職代行業者はそれぞれ異なります。例えば、とにかく早く退職して転職などのサポートを受けたい人は、サポートが充実している業者がおすすめしますし、残業代や有給休暇の取得などのさまざまな交渉をコスパよく利用したい場合は、労働組合の退職代行がおすすめできるでしょう。一方で会社側とトラブルが生じている場合や退職した際に損害賠償リスクがつきまとう場合は、弁護士の退職代行サービスがおすすめです。

とはいえ、新卒で退職した場合、訴訟リスクは比較的低いため、基本的に労働組合の退職代行を利用するのがコスパもよく、おすすめといえるでしょう。労働組合の退職代行サービスは、一般企業が運営している退職代行と比較して、非弁行為のリスクもありませんし、料金も弁護士事務所の退職代行よりも手頃な価格で利用できるので、安心です。
≫【非弁リスク】退職代行の非弁行為とは?|業者選びの3つの注意点

新卒が退職代行を利用する際の業者選びのポイントについて、確認してきました。では実際にどういった退職代行業者を利用したらよいのでしょうか?次の項目で退職ラボが厳選したおすすめの退職代行業者について、みていきましょう。

新卒が利用すべきおすすめの退職代行サービス厳選3社

新卒が利用すべきおすすめの退職代行業者厳選3社

新卒の人が使うべき退職代行は、以下の通りです。

\ 新卒に最適な退職代行サービス厳選3社! /

スクロールできます
サービス名特徴価格評価
退職代行Jobs
退職代行Jobs
アフターサポート万全
後払い利用可能
労働組合加入費が必要
27,000円
+2,000円

退職代行SARABA
退職代行SARABA
レスポンスがメチャ早い
業界最大手の信頼性
対応が事務的
24,000円
退職代行EXIT
退職代行EXIT
業界認知度バツグン
キャッシュバックで実質無料
会社と交渉できない
20,000円

1. 【安心・安全・専門性バツグン】退職代行Jobs(ジョブズ)

退職代行Jobs

退職代行Jobsの特徴

  • 弁護士監修の適正なサービス
  • リーズナブルな代行料金
  • 充実のアフターサポート
比較項目内容
実績
サービス提供一般企業
労働組合
料金
専門性
対応の早さ
サポートの充実
総合評価

\ 弁護士監修+労働組合でコスパ最高!人気No,1

↑公式サイトに移動します↑

2. 【業界大手の安心とコスパ】退職代行SARABA

退職代行SARABA

退職代行SARABAの特徴

  • 労働組合が対応する信頼性が高いサービス
  • 2.5万円を切る最安水準な代行料金
  • とにかくレスポンスが早い
比較項目内容
実績
サービス提供労働組合
料金
専門性
対応の早さ
サポートの充実
総合評価

\ 業界大手の安心サービス!業界No,1

↑公式サイトに移動します↑

3. 退職代行EXIT|業界のパイオニア 知名度No,1

退職代行EXIT

退職代行EXITの特徴

  • 退職代行業界のパイオニア
  • 業界最安値にリニューアル
  • アフターサービスも充実
比較項目内容
実績
サービス提供一般企業
料金
専門性
対応の早さ
サポートの充実
総合評価

\ 業界のパイオニアがリニューアル!/

↑公式サイトに移動します↑

新卒でも退職代行利用してもOK!業者選びは慎重に

新卒でも退職代行利用OK!

これまでをふりかえり、以下にまとめといたします。

この記事のまとめ

  • 新卒でも退職代行利用OK!
  • デメリットやリスクもほぼなくおすすめ。
  • 利用する際の業者選びは慎重に!

新卒の人でも退職代行を問題なく利用できます。中には、「やめる時くらい自分で言うのが筋じゃない?」、「入社してすぐやめるなんて甘え」などと批判的な意見も少なくありません。しかし、外野の批判的な意見を気にしていても仕方ありません。

「辞めます」と自分で言える人は、自分で伝えると良いでしょう。しかし、自分で言えない人は、我慢するしかないのでしょうか?貴重な自分の時間を合わない会社で浪費するしかないのでしょうか?もちろん、違いますよね。

自分で言えない人は、友人や家族に頼んでも良いですが、一番問題が起こりにくいのが退職代行を利用することです。

人生で貴重な時間を合わない会社・職場で過ごすことほどムダなことはありません。スムーズに新しいスタートを切るためにもあなた自身に合った退職代行サービスで後腐れなくストレスフリーに退職しましょう。

退職ラボでは、あなたの勇気ある一歩を陰ながら応援しています。
退職代行業者を利用したいけど、間違いのない選択をしたい方は、以下の項目もぜひ、参考にしてください。

退職ラボが一押し!おすすめの退職代行サービス

退職ラボがおすすめする人気の退職代行

どうしても退職代行サービスが選べないという人は、退職ラボ一押しの退職代行を利用しみるのも一つの手です。筆者自身も利用したことのある退職代行の中で、レスポンスの早さや対応が一番良いサービスをおすすめしています。

退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 24時間対応でいつでも相談できる。
  • 手持ちがなくても後払い利用が可能。
  • 弁護士監修の適正サービスで円満退職。
  • 提携先の労働組合でさまざまな交渉が可能。
  • アフターサービスがめちゃ充実している。

退職代行Jobsさんは、退職ラボで一押ししている退職代行サービスです。
おもな理由は、以下の3つ。

  • 筆者が実際に利用した中で一番良かったと実感した。
  • 知人に紹介して、知人も円満退職できた。
  • 退職代行の利用を無理に勧めてこない。

退職代行業者によっては、「今すぐにでも辞めましょう」とサービス利用をゴリ押ししてくるところもありました。しかし、退職代行Jobsさんは、そういったゴリ押ししてくることもなく、苦しい現状を理解しようと努めてくれ、優しく背中を押してくれました。

職場の人間関係に悩み、心身ともに崩壊しそうなほど追い詰められていた折に退職代行Jobsさんに相談したところ、「休職をしてみるのも一つの手ですよ」と、退職代行をすすめてこず、むしろ別の方法を提案してくれたことで、より信頼性が増しました。

同じように職場で苦しい思いをしている人が、退職代行Jobsさんで辛い現状を脱却し、新たなスタートのきっかけになると幸いです。

\ 万全のサポート!退職ラボの一押し! /

↑公式サイトに移動します↑

地域でおすすめの退職代行を探す

地域で探すおすすめの退職代行業者

以下のタブを開き、ご自身の地域で利用できるおすすめの退職代行業者を探してみましょう。