MENU

人気の退職代行ランキング

\あなたに合う業者が見つかる!/

↑退職代行を探している方は必見!

ダイビングの仕事が辛いと悩むインストラクターの傾向と対策〜すぐにでも出来る不安解消の選択肢

人材開発専門家としての私(サイト運営者)の知識と経験をもとに、ダイビングの仕事が辛いと悩んでいる方に向けて、その原因や現状に対するアドバイスと、今後どのような行動をとるべきかについて、いくつかの選択肢を提案します。

ダイビングのインストラクター仕事は、海の魅力を伝えるやりがいのある仕事ですが、同時に大変な仕事でもあります。水中での作業は危険を伴うため、常に注意力と体力を必要とします。また、ダイビングは季節や天候の影響を受けやすいため、不規則な勤務や残業が発生することもあることから、悩み・葛藤、様々あると思います。

最近仕事が億劫で、もう無理かも。。

出来ればダイビングの仕事を続けたいけど。。

転職出来るかな。。

ダイビングの仕事しかやったことないから、
全く違う職種に転職できるか不安。。

この記事が解決の糸口となり、ダイビング・インストラクターの今後のキャリアにお役に立てれば幸いです。

目次

ダイビングの仕事が辛いと悩む原因

仕事が辛いと感じたら、まずは原因を特定することが大切です。

仕事が辛いと感じる原因は様々ですが、概ね以下のような原因が考えられると思います。

  • 仕事内容が自分に合っていない
  • 仕事の量が多い
  • 人間関係が悪い
  • 給与が低い
  • 将来に不安がある
  • 体調が優れず仕事に集中できない
  • 家庭環境が変わって仕事に集中できない

etc.

特に、ダイビング・インストラクターの仕事が辛いと感じることには、下のようなものが挙げられます。

ダイビングの仕事特有のつらさ・困難さ

  • 体力や精神的な負担が大きい
    ダイビングは、体力や精神的な負担が大きいスポーツです。そのため、体力や精神的な負担が大きく感じる人もいます。
  • 安全管理の責任が重い
    ダイビングは、安全管理が重要です。そのため、安全管理の責任が重く感じる人もいます。
  • 人間関係の悩み
    ダイビングは、ダイバー同士やインストラクター同士の人間関係が重要です。そのため、人間関係の悩みから辛く感じる人もいます。
  • 仕事にやりがいを感じられない
    ダイビングは、海の素晴らしさを伝える仕事です。しかし、ダイバーの理解が得られなかったり、ダイビングを楽しめなかったりすることもあるため、仕事にやりがいを感じられない人もいます。

ダイビングの仕事が向いてる人・向いていない人の特徴

また、ダイビングのインストラクターに向いている人とは、以下の特徴を持っている人と言えます。

  • ダイビングが好きな人
    ダイビングのインストラクターは、ダイビングが好きでないと仕事ができません。
  • 体力や精神的な強さがある人
    ダイビングは、体力や精神的な強さが必要とされる仕事です。
  • 安全管理の意識が高い人
    ダイビングは、安全管理が重要です。そのため、安全管理の意識が高い人は向いています。
  • コミュニケーション能力が高い人
    ダイビングは、ダイバーやインストラクター同士のコミュニケーションが重要です。そのため、コミュニケーション能力が高い人は向いています。

ダイビングのインストラクターは、やりがいも大きい仕事ですが、辛いと感じる人も少なくありません

ダイビングの仕事が辛いと感じているインストラクターの方は、まずは自分の状況や気持ちに向き合うことが大切です。自分の悩みの原因を明確にすることで、解決策を探しやすくなります。

原因を特定できたら、それを解決する為にはあなた自身が解決に向けて行動しなければなりません。ただ悶々と悩んでいるだけでは、誰も助けてはくれないし、何も変わらないのです。

効果的効率的に解決に近づくために、以下の要領に従って、今そして次にやるべきことについて考えてみて下さい。

ダイビングの仕事が辛いと悩んでいるインストラクターが今すべきこと

先ずは、あなたを取り巻く現状を把握し、受け止めてみましょう

ダイビング業界は、美しい海の世界を探求する魅力的な業界ですが、気象や海洋状況の変化、旅行の制約などの要因により、仕事の運営が難しいことがあります。また、フィジカルな体力や安全への配慮も求められます。

ダイビングの仕事が辛いと感じているなら、まずは自分の気持ちを認めることが大切です。辛いと感じるのは、当たり前です。無理に気持ちを押し込めてしまうと、心身に悪影響が出てしまいます。

現実を受け止める際には以下のポイントを考慮してみてください。

リアリティの認識

ダイビングは素晴らしい経験をもたらす一方で、厳しい面もあります。状況を冷静に見つめ、リアリティを認識することが大切です。

自己ケアの重要性

フィジカルな負担や環境の変化に対処するために、自己ケアを意識的に行いましょう。体力の維持や十分な休息が必要です。

目標の再評価

仕事が辛い理由を明確にし、自分の目標と照らし合わせてみましょう。ダイビング業界でのキャリアを続けるか、新たな道を模索するかを考えてみることが重要です。

それらを踏まえて、今後の行動についていくつかの選択肢を提案します。

仕事が辛いと感じている場合は、出来るだけ早期に何かしらの行動を起こすことが大切です。何もしないままでは、状況は悪化する一方です。

ダイビングの仕事が辛いと悩んでいるインストラクターがとるべき行動

専門知識の充実

ダイビング業界でのスキルや知識を高めることで、自信を深めることができます。新しいテクニックやトレンドを学び、サービスの質を向上させましょう。

ワークライフバランスの取得

ダイビングの仕事は季節的な変動があるため、オフシーズンを活用して適切なワークライフバランスを実現することが大切です。

キャリアの変更

もしダイビング業界が合わないと感じる場合、他のキャリアへの転換を検討することも一つの選択肢です。自分の強みや興味に合った新たな方向を見つけてみましょう。

キャリアに関する事、例えば、就職、転職、副業、仕事の悩みや目標設定、目標達成に関して、カウンセリング、コーチング、ティーチング等の手法を用いて課題解決を図るサービスがあります。これからの人生の成功の確度を高めたい方に、おすすめです。

[PR]
【coachee】

coachee

まずは無料で登録/

業界毎に特化した転職エージェントがあります。
もし、今とは違う業界に転職したい場合は以下の業種別記事を参考にしてください。

専門的なサポートの受け入れ

もし仕事の辛さが深刻である場合、心理カウンセリングやキャリアコンサルティングを受けることで、適切なアドバイスを得ることができます。

臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスがあります。話しやすいスタイルを選んで、自分に合った専門家を見つけるまでお試しカウンセリングも可能です。

[PR]
【URARAKA(ウララカ)】

オンラインカウンセリング・うららか相談室

\国内最大級のオンラインカウンセリング/

でも、誰にも相談できない・したくない、または、相談したけれど解決しなかった、、そんな方も少なくないと思います。そんな方は、下の記事を参照下さい。

ダイビングの仕事が辛いと悩んでいるインストラクターの選択

ダイビング業界での仕事の辛さに向き合いつつ、自己成長やワークライフバランスの調整を意識して、充実感を持ちながら仕事を続けていく道を見つけていくことが大切です。前向きな行動を取ることで、仕事に対する辛さを軽減し、充実感を感じることができるでしょう。

一方、キャリアチェンジをしたい場合には、今後のキャリア目標を明確にすることで、自分の努力がどの方向に向かっているのかを理解できます。自分の目標と価値観を踏まえ、行動プランを作成してみましょう。

重要なのは、あなたの個人的な状況や感情をよく理解し、自分自身と向き合いながら適切な選択をすることです。他人の意見や状況と比較せず、自分自身の幸福と充実感を追求していくことが大切です。

無論、最終的な選択肢は、その人の状況や価値観によって異なります。自分自身の気持ちや目標を大切に考えながら、今後の道を選んでいくことをお勧めします。


退職ラボは、あなたの勇気ある一歩を応援しています。
退職代行業者を利用したいけど、決めかねている、失敗したくない、、という方は、退職ラボでおすすめする退職代行業者もぜひ参考にしてみてください。

退職ラボが一押し!おすすめの退職代行サービス

退職ラボの一押し!おすすめの退職代行

[PR]

退職代行ガーディアン
  • 実績豊富な東京労働経済組合が運営!
  • 労働組合型で違法性の心配なし!
  • 労働組合の認知度・知名度バツグン!
  • 知名度がある労働組合のサービスを利用したい人
  • サポートよりも実力を重視する人
  • 知名度や実績で業者選びをしたい人

労働組合人が運営なので違法性の心配もなく、利用者からも高評価のサービスです。

退職代行ガーディアンの一押しポイント
  • 労働組合法人が運営しているため違法性がない。
  • 労働組合法人の中でも数少ない届出認証を受けている。
  • 追加料金の心配なしの一律29,800円(税込)
  • 転職サポートなどはないけどトラブルなく退職できる。
  • 利用者の評判が「安心して辞められた」と特に評価が高い。

退職代行業者によっては「今すぐにでも辞めましょう」とサービス利用をゴリ押ししてくるところもあります。
しかし、退職代行ガーディアンはいきなり退職をゴリ押ししてくることもなく、苦しい現状をしっかりと整理して理解しようと努めてくれました。

他の利用者からも同様の声が多く見受けらるのですが、電話の対応もきっちりしています。しかも「東京労働経済組合」という名称にも効き目あり。会社側が面倒事に巻き込まれないようにスムーズに退職手続きを行なってくれるのです!

自力で退職が困難な人にとっては、知名度がある退職代行業者が手続きを代行してくれるだけでこんなにもスムーズに事が進むのか!と自分自身が辞められずに悩んでいたのがアホらしくなるほど。

過去のわたしと同じように職場で苦しい思いをしている人が、退職代行ガーディアンを利用して辛い現状を脱却することで、新たなスタートのきっかけになると幸いです。

[PR]

\ 労働組合対応で信頼性バツグン!

↑公式サイトに移動します↑

この記事の著者情報
退職ラボの運営者
著者
  • 1980年 奈良県生まれ、神奈川県在住。
  • 7社中6社で退職代行を利用して退職。
  • バイト含め、20数社の退職経験。
  • ブラック企業で職場いじめを経験。
  • パワハラ、モラハラで精神崩壊した。
  • のべ3年半の休職経験あり。
  • 現在は人材開発専門家として複数のベンチャー企業にてHRBPを務める。

筆者のSNS情報⇒     

目次