50代看護師の転職は歓迎される?:求人の探し方・おすすめ職場

この記事にはプロモーションが含まれています

悩む看護師

・50代での看護師の転職は難しい?
・50代での看護師は歓迎されないって本当?
・看護師の仕事は、何歳まで続けられるのかしら?
・これからのことを考えるとどんな職場がいいかしら?

みちるん

看護師は60代を過ぎても仕事を続けやすい環境になってきています。
転職先の探し方や、おすすめの職場などを一緒に考えていきましょう。

50代の先輩看護師が家庭環境の変化もあり、転職するかで悩んでいたことがありました。

  • 看護師としてまだまだ働きたい、、
  • 無理もできないけど、安定した収入は必要
  • 家族の介護もあるから仕事の時間を減らしたい
  • そもそも50代で転職なんてできるかしら?

プライベートでお世話になっている先輩看護師からは、体調の変化や、体力の低下、ご家族の介護のことなど、時折話を聞いていましたが、転職を考えていると知った時には驚きました。

でも、そうですよね、、家庭環境の変化は結婚・出産・子育てに限りませんし、多くの女性には体調の変化も訪れます。

複数回の転職経験があるとはいえ、50代ともなると今までのように転職を軽く考えにくい、、とのこと。
そんな先輩看護師の転職活動のリアルな情報、これからの働き方を一緒に考えたり調べたりした時のことを、今回まとめておきます。

  • 50代でも看護師の仕事はある
  • 体力や家庭の事情も考慮し転職先を選ぶ
  • 今だけでなく60代の自分のことも考える
  • 転職活動には少し時間をかけて取り組む
  • サポートや求人情報の質や量では転職エージェントの利用がおすすめ!
目次

50代看護師が転職を考える理由

50代看護師が転職を考える理由は様々ですが、多いものが次の3つ。

  1. 体力的な問題
    体調の変化もあり、体力的にも衰えを感じるようになります。日勤のみ、日曜祝日は休みなど、時間管理がしやすい職場への転職が希望する人が多いようです。
  2. ワークライフスタイルの変化
    親の介護など家庭の事情で、働き方を考える時期にもなります。
  3. 人間関係
    若い看護師からは無敵のお局様のようにも思われているかもしれませんが、看護師の世代交代が進む中で居心地の悪さを感じる看護師もたくさんいるのです

他にも、

  • 給与や待遇への不満:給与面や、管理職志望なのに登用が期待できない、、など
  • 職務内容の問題:管理職を打診されたがなりたくない、これ以上責任や精神的負担が増えるのは避けたい、、など
  • 職場の都合:医院やクリニックの閉鎖 など

50代の看護師求人の探し方

50代の看護師求人の探し方には、次のような方法があります。

  • 転職エージェントに相談
  • 看護師求人サイトを利用
  • 病院や介護施設に直接相談
  • 知人や友人などからの紹介
  • ハローワークに相談

転職エージェントに相談

最近では転職エージェントと言いますが、要は人材紹介会社の利用がいちばんのおすすめです。

50代になると、一般的には就職・転職には不利とされがちですが、看護師資格があれば大丈夫です。
短時間勤務、体力をあまり要しない職場、今までの知識や経験を活かせる職場には、病院や介護施設以外にも、企業・保育園・幼稚園などもあります。そういった求人は、「非公開求人」という、インターネットなどの求人情報では公開されていないことが多いのです。転職エージェントに相談しなれば、求人の存在すら知らないままなのです。

転職エージェントとは?

転職エージェントは、人材紹介会社のこと。最近では、看護師専門の転職エージェントなど、特定の業界に特化したエージェントもあります。

初めて利用する場合には怪しげに感じたり、敷居が高く感じられるかもしれませんが、基本的に登録も相談も無料です。特に、看護師向けの転職エージェントの場合、看護師の転職を専門とする担当スタッフがサポートしてくれます。

  • 看護業界が専門の担当スタッフによる手厚いサポート
  • 非公開求人を含む要望に合った求人の紹介
  • 各種制度や福利厚生などの確認
  • 職場の雰囲気や情報の共有
  • 面接対策
  • 履歴書・職務経歴書の書き方のサポート
  • 面接日や入職日などの調整や各種手続きのサポート など

転職エージェントを介さなければ自分ですべてしなければならない細かなことを、丁寧にサポートしてもらえますよ。

転職エージェントの利用は無料?

転職エージェントの利用は、基本的に無料です。登録も、相談も、求人の紹介も、サポートも無料です。
エージェントによって、一部のサービスはオプションで有料となるケースありますが、稀です。

タダより怖いものはない?

転職エージェントの利用は無料、タダですが、怖いことはありませんので、安心してくださいね。

転職エージェントは、病院・介護施設・企業などに看護師を紹介することで、求人側(病院・施設・企業など)から紹介料をもらっているのです。人材を紹介し、入職してからその報酬を請求できる成功報酬型です。いい人材を集め、紹介し、転職(再就職)してもらうことで、自分たち(転職エージェント)の売上が伸びるのですから、親身になってサポートしてもらえるのです。

利用者(転職希望者)が、なんらかの請求がされるようなことはありませんので、大丈夫です。

ベテラン看護師、ミドル世代、地方ニーズにも対応している転職エージェント

ベテラン看護師、ミドル世代、地方ニーズにも対応しているのがMCナースネット
専任のメディカルコンシェルジュが幅広くサポートしてくれます。もちろん、利用料は無料。

看護師転職サイト:MCナースネット
  • 単発・派遣・非常勤と柔軟に働き方が選べる。
  • 病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富!
  • 安心して利用できるから友人紹介実績No,1
MCナースネットは、全国25拠点を構える大手人材派遣会社。長年培ってきた信頼と実績の結晶は、単発スポット~レアジョブまでさまざま。
『医療分野で活躍をされている方々の自己実現を支える』理念のもと運営されているサービスは、自分のワークライフを叶えるのにピッタリ!

友人紹介実績No,1

↑公式サイトに移動します↑

転職エージェントは他にもたくさんあります。時間があれば、いくつか登録してみるのもおすすめです。

スクロールできます
サービス名特徴公式サイト
看護師転職サイト:ナース人材バンク
ナース人材バンク
2023年オリコン満足度総合1位

看護師専門だから業界知識が豊富
東証プライム上場企業が運営国内最大級の看護師転職サービス
公式HP
看護師転職サイト:レバウェル_看護
レバウェル看護
求人数は日本最大級
職場のリアルまでわかる転職支援
無料登録後は、LINEでいつでも相談OK
公式HP
看護師転職サイト:キララサポート看護
キララサポート看護
職場のリアルな情報やキャリアアップ情報が豊富
Web面接OKな求人情報も!
保育・介護・看護業界に特化した転職・派遣支援
公式HP
看護師転職サイト:MCナースネット
MCナースネット
単発・スポット・派遣・非常勤…柔軟な働き方に対応
病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富
理想のワークスタイルを発見しやすい多彩な求人特集
公式HP
看護師転職サイト:看護プロ
看護プロ
関東・東海・関西エリアに強い
口コミ全力収集で職場のリアルな内部情報が豊富
嬉しい転職・入職後サポート付き
公式HP
看護師転職サイト:ナースジョブ
ナースジョブ
地方転職におすすめ◎
訪問看護や介護関連施設の求人多数
キャリアアドバイザーの親身なサポートで安心
公式HP
看護師転職サイト:ジョブメドレー
ジョブメドレー
サーチ型だから誰にも知られず転職活動
LINEでも仕事探しができる
匿名プロフィールから医院や事業所から直接スカウトもあり
公式HP
看護師特化転職サイト

看護師求人サイトを利用

インターネットで求人サイトを利用する場合には、看護師専門の求人サイトを利用すると便利です。
登録するだけで簡単に利用できますが、仲介はいませんので、施設への問い合わせや面接の調整などは全て自分で対応する必要があります。

サイトに掲載されている情報で判断することになるので、情報がしっかり提供されている求人サイトを利用することをおすすめします。

看護師求人サイト:ジョブメドレー
  • サーチ型だから誰にも知られず転職活動
  • 医療系求人数業界No.1
  • LINEでも仕事探しができる
ジョブメドレーは、医療系求人数業界No.1の看護師転職求人サイト。
エージェント型ではなく、サーチ型なので、誰にも知られず自分のペースで転職活動や情報収集ができます。LINEでも仕事探しができるし、プロフィールをみた事業所からスカウトが来ることも!

医療系求人数業界No.1

↑公式サイトに移動します↑

病院や介護施設の直接相談

自宅の近くで探したい時など、エリア限定の場合にはおすすめです。
住宅地にある診療所などでは、よく求人をしています。パートタイムや短時間勤務可など、働き方に融通がきくことも多々あります。直接出向かずとも、診療所のホームページでも求人情報が載っていることもありますよ。

知人や友人などからの紹介

知人・友人などからの紹介が、気持ち的には安全安心ですよね。
退職や転職の予定があれば、早めに相談しておくといい情報が得られるかもしれません。タイミングもありますので、早め早めに声替けしておくに限りますね。

いい条件であればいいのですが、紹介だと場合によっては断りにくいこともありますので、注意が必要です。

ハローワークに相談

ハローワークは、国(厚生労働省)が運営する総合的雇用サービスです。手続きにハローワークに出向く必要はありますが、求人情報も紹介してもらえますし、担当者が間に入ってくれるので相談もしやすいのが特徴です。

絶対とは言い切れませんが、ブラックな職場環境などには当たる可能性は低くなります。

50代の看護師の転職は難しい?

50代の看護師が転職するのは、若い看護師に比べると難しい・不利となる場合もあるようです。

  • 体力的な問題
    看護師側の転職(退職)理由でもある体力問題は、雇用側からみても同じです。
  • 給与などの条件面
    若い看護師に比べ、基本的に給与が高くなります。
  • 年齢による偏見
    定年もあるため、50代を採用しても長く働いてもらえないと思われてしまいます。
  • 若手が多い職場には不向き
    コミュニケーションや技術面から、若手が多い職場だと採用が難しくなりがちです。

50代の看護師が使えない、使いにくいと言われるのはなぜ?

50代の看護師が使えない、使いにくいと言われることもありますが、それにはいくつか理由があります。

体力面

50代以上の看護師は、若い看護師に比べて体力が落ちること、年齢的にも体調の変化もあります。

技術面

50代以上の看護師には、若い看護師に比べて新しい医療機器の操作や新しい看護技術の習得が難しいケースがあります。長いキャリアや、経験、プライドもあるため、新しい方法を取り入れにくい、取り入れない、若い人から教わらない看護師がいるのも事実です。

コミュニケーション面

50代の看護師は、現場の中心となる若い看護師とのコミュニケーションがうまくいかないことがあります。コミュニケーション能力の問題というよりも、ジェネレーションギャップも大きく影響します。

主任やリーダー職の経験がある場合には、転職先でも管理職として働ける可能性もありますが、そのような経験が乏しく、若手を指導し引っ張っていくことができない場合には、若手看護師からも敬遠されるケースもあります。

だからといって、50代の看護師が使えない、使いにくいとは限りません。
50代の看護師は、若い看護師にはない経験や知識を持っています。実際にはその人の個性や能力によって異なるからです。

体力の衰えや新しい技術などのへの柔軟性は、どうしようもないことです。それを自分自身で理解し、認めた上で、まわりと協力する姿勢が問われるのだと思います。

みちるん

人生100年とも言われるこの時代にはとても心強いものですね。

50代の看護師が転職をするときの注意点

経験も知識も豊富なベテラン看護師とはいえ、転職する際には気を付けるポイントもあります。

見えない年齢制限がある

2025年4月には65歳までの雇用確保が義務付けされるとはいえ、定年退職までそう長い期間があるわけではないため、雇用側が年齢制限を設けている場合があります。明確な理由があれば別ですが、求人票には明記されていないことが多いです。そのため、応募しても年齢が若い看護師の方が優先されるケースはあるようです。

未経験の職場への転職は難しい

体力的にも、新しい技術や操作への柔軟性からも、50代になると未経験の職場への転職は難しいようです。

狙い目は、福祉関連施設。介護施設やデイサービスなどでは、慢性的な人で不足もありますが、看護師としても人としても経験豊富な50代は歓迎されます。

体力面は過信しない

年齢的にも体力は落ちてきます。そこに新しい環境での、精神的負担も加わります。「とにかく楽な仕事」ばかりを探すといい条件にはなかなか巡り会いませんが、だからといって無理や過信は禁物です。そもそもで、看護師の仕事は体力的にハードです。数年後も見据えた上で転職先を探すことが重要になります。

人柄は想像以上に重視される

経験はもちろんですが、人柄も重視されます。様々な環境で多様な経験を積んできたことが大きな武器でもありますが、周りの看護師やスタッフとうまくやっていけるかも、かなり重要視されます。職務経歴書や履歴書だけではわからない人柄こそ、面接の際に重視されるのです。雰囲気、協調性、新しい環境への柔軟性などといったことも見られています。

50代の看護師が転職を考える主な理由の一つでもある「人間関係」にも関わります。人間関係に悩んで転職する場合、特定の人から離れることで解決することもありますが、同じような不満や不安は複数の人と接する限り新しい職場でも起こり得るのです。求職側にとっても、雇用側にとっても、大切な問題なのです。

記憶力・応用力・対応力も必要

転職経験があれば身に沁みて感じていると思いますが、同じ看護師の仕事とはいえ細かなことまでガラリと変わります。全く新しい操作を覚えることもあれば、操作や技術的には後戻りする必要がある場合もあります。
「前の職場では、、」「◯◯の方が、、」ということもあるでしょうが、新しい環境でのルールややり方には適応する必要があります。新しいことを覚える記憶力や、新しい環境での仕事への応用力・対応力も重要です。

ワークライフスタイルをよく考える

50代で転職を考える主な理由の一つでもある、ワークライフスタイルの変化。子どもの自立により自由な時間が増えることもありますが、家族の介護や夫の定年退職などによる変化があります。子育ての場合「終わり」はありますが、介護や定年退職した(する)夫との家庭生活には、「終わり」の見通しはなく、変化し続けるものです。セカンドライフをどう過ごすかも考慮した上で、転職先を探すことも大切です。

看護師は何歳まで働ける?

2025年4月からは「65歳までの雇用確保」が義務づけられているので、現在50代の看護師は希望すれば65歳まで働くことができるようになります。そのため、50代の転職では先のことも考慮して職場を選ぶことが重要です。

看護師の定年は何歳?

日本では、看護師の定年を定める法律はありません。
以前は60歳の定年が一般的でしたが、一般企業と同様に65歳定年にしている病院や施設も増えつつあります。

高年齢者等の雇用の安定に関する法律 で、2025年4月からの「65歳までの雇用確保」が義務づけられたことにより、雇用主に対して以下のいずれかの措置をとるようにも定めています。

  1. 65歳までの定年延長
  2. 65歳までの継続雇用制度(雇用延長・再雇用制度)の導入
  3. 定年制の廃止

「65歳定年制が義務化」ではなくて、「65歳まで雇用の機会を与えること」が義務化されたのです。定年は60歳のまま、労働者の希望があれば65歳まで雇用を継続できるのが「継続雇用制度」です。労働者が希望しない場合には、定年が60歳であれば、定年退職しても構わない、、ということになります。少しわかりにくいですね。。。

看護師も同様です。施設の定年退職の年齢が60歳だとしても、看護師が希望すれば65歳までは働き続けることができるのです。ただし、雇用条件や労働条件がそれまでと同じとは限りません。

実際に60代・70代の看護師はどのくらい?

法の整備や年金支給開始年齢が65歳になったこともあり、60代以上でも現役の看護師は増えつつあります。

厚生労働省「衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 」で、年齢階級別に見た就業看護師数を確認することができます。より詳しい数字は、統計表一覧で確認できます。

看護師2014年調査2020年調査
60〜64歳39,133人62,267人(5.3%)
65歳以上18,461人40,145人(3.1%)

この数字には、フルタイムの正規雇用看護師の他、パートタイム等も含まれますが、2020年に働いている看護師のうち8.4%が60歳以上(65歳上は内3.1%)なのです。

高年齢者の就業促進の流れがある今、看護師免許取得者にとっては65歳以降も働き続けやすい環境になってきています。年代が上がるにつれ看護師数は減少しますが、少数とはいえ、85歳以上の現役看護師もいるのですから驚きです。

看護師としてのスキルを持ち、ある程度の体力があれば、自分のペースに合わせて看護師ライフを続けることができるのです。

みちるん

だからこそ、転職する際には自分の現状ををよく理解していることが重要になりますね。

歓迎される50代の看護師おすすめの職場は?

急を要する転職であれば別ですが、転職活動に少し時間を掛けられるのであれば、数年後のの働き方も視野にいれた職場探しをする必要があります。60歳以上になっても、看護師の資格を活かしながらも無理なく働ける職場には次のようなものがあります。

  • 福祉施設
  • 訪問看護ステーション
  • クリニック
  • 健診センター
  • 企業内・保育園・幼稚園内看護師
  • 今の職場で65歳まで継続雇用(嘱託社員)

① 福祉施設

介護施設やデイサービスセンターでは、50代以上の看護師や、ブランクのある看護師も歓迎されます。実際に、病院勤務などの看護師の定年後の再就職先として選択されるのも福祉施設が多いです。

介護施設では、介護職員が中心となるため、看護師の仕事は入居者や利用者の健康管理になります。

  • 入浴や排泄などの日常生活の支援
  • 食事や服薬の介助
  • 体温や血圧などの健康状態の管理
  • 医師の指示による医療処置
  • 患者や利用者の家族への支援
  • 介護職員への指導・教育 など

比較的ゆったりとした環境で仕事をすることができますが、介護職員とのチームワークや、高齢者や利用者とのコミュニケーションやサポートが重要です。看護師としても、人間としても、多くの経験を積んだベテラン看護師ならではの知見を活かせる職場の一つです。

② 訪問看護ステーション

訪問看護ステーションでは常に多くの看護師を募集しています。経験豊富なベテラン看護師が歓迎される職場です。

個人のお宅に向かう訪問看護と、福祉施設の巡回をする施設内訪問看護の大きく2種類ありますが、次のような業務を行います。

  1. 健康状態の観察や助言
    バイタルチェックや問診で健康状態の観察や必要なアドバイス
  2. 家族の支援・相談
    在宅介護で困っていることなどを聞き、アドバイスや必要な支援の提供
  3. 日常生活の看護
    食事や栄養管理、口腔ケア、排泄ケア、体位交換などのサポート
  4. 褥瘡(じょくそう)の予防や処置
    褥瘡予防のケアと指導、評価など
  5. 認知症と精神疾患のケア
    服薬管理や家族への対応方法などをアドバイス
  6. 医療処置
    主治医の指示のもと、点滴やカテーテル管理、インスリン注射など
  7. 医療機器の管理や指導
    人工呼吸器などの管理と家族への使用方法の指導など
  8. リハビリ
    身体機能や嚥下機能の回復のためのリハビリ
  9. ターミナルケア
    在宅での看取り、利用者・家族の心のケア

利用者と1対1でじっくり向き合うことができますが、患者・利用者・その家族とのコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが大切です。看護師としても、人間としても、多くの経験を積んだベテラン看護師ならではの知見を活かせる職場の一つです。

やりがいもあり、労働時間や日数の調整もしやすい仕事ではありますが、体力面やコミュニケーション能力、責任感、対応力などで向き不向きもあります。また、一人での訪問となるため責任を感じやすくもなります。相手があることなので、悪天候などでも訪問する必要もありますし、車の運転も必要になるなど、事前に理解しておくべきこともあります。

③ クリニック

診療科にもよりますが、クリニックでの勤務もおすすめです。クリニックとはいえ忙しいところもあれば、スタッフの人数が少なく掃除や洗濯などの雑務をこなしながら、診療の介助や採血、患者対応などの業務となることもあります。

未経験の診療科の場合、転職が難しいケースもありますが、経験のある診療科であれば雇用側も看護師も安心ですね。

④ 検診センター

検診センターは、健康診断に特化した施設です。
診療ではなく、予約制の診断のみであるため、限られた時間の中で効率よく検査を進めていくことが求められます。採血、身長・体重・腹囲測定、心電図などの一般的な健康診断から、内視鏡の介助、眼圧測定、CT・MRI補助などの人間ドックのような特殊な健康診断まで幅広くあります。

健診センターには繁忙期があるため、繁忙期のみの期間限定や、1日のみの単発求人もあります。

⑤ 企業内・保育園・幼稚園内看護師(保健室)

企業の場合には、社員の健康管理業務、メンタルヘルス管理、健康診断、産業医との連携や診察の介助などが業務内容です。

保育園や幼稚園では、園児や職員の健康管理業務、感染症等の予防対策、保育サポート、体調不良や怪我などの初期対応(医師と連携)、健康診断などが業務内容です。

いずれにしても、基本的に「健康な人」の体調管理や健康相談、体調不良時・ケガの対応です。医療行為ができる設備もなく、医師もいないケースがほとんどのため、できることは応急措置程度ですが、看護師としての経験や知識が必要とされます。常に求人があるような職場ではありませんので、タイミングもあります。早めに転職エージェントに登録しておき、求人情報を得られるようにしておくのが大切です。

⑥ 転職不要:今の職場で65歳まで継続雇用(嘱託社員)

今の職場でそのまま働き続けることができたら、転職活動も不要ですし、勝手知ったる環境ですから安心ですね。
定年後は、職場によっては働き方や働く時間の調整ができます。

  • 体力的に楽な業務
  • 後輩看護師の指導や育成
  • フルタイムからパートへの変更 など

いずれにしても、求人側のタイミングがありますので、転職活動には時間的な余裕も必要です。条件のいい求人を見逃さないためにも、看護専門の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。担当者にこれからの働き方の相談に乗ってもらえますよ。

友人紹介実績No,1

↑公式サイトに移動します↑

50代の看護師の求人は考え方次第

50代の看護師の転職は難しい、50代看護師は使えない・使いにくいなどの意見もあるようですが、これからの人生の過ごし方や、自分の体調・体力・気力などをよく考えて転職活動をすることが大切になります。管理職やよりよい待遇を求めるのか、給与が下がったとしても体力的精神的時間的に余裕が生まれる職場を選ぶのか、数年後も見据え長く働ける職場を探すのか、、、答えは一つではありません。

先輩看護師は、転職エージェントに登録し、今の職場で働きながら気楽に気長にいい条件を探しています。状況が変わり、転職の必要に迫られても半分準備ができているので、精神的にも余裕があるとのこと。その余裕こそが、いい出会いをもたらしてくれるような気がしてなりません。

  • 50代でも看護師の仕事はある
  • 体力や家庭の事情も考慮し転職先を選ぶ
  • 今だけでなく60代の自分のことも考える
  • 転職活動には少し時間をかけて取り組む
  • サポートや求人情報の質や量では転職エージェントの利用がおすすめ!
看護師転職サイト:MCナースネット
  • 単発・派遣・非常勤と柔軟に働き方が選べる。
  • 病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富!
  • 安心して利用できるから友人紹介実績No,1
MCナースネットは、全国25拠点を構える大手人材派遣会社。長年培ってきた信頼と実績の結晶は、単発スポット~レアジョブまでさまざま。
『医療分野で活躍をされている方々の自己実現を支える』理念のもと運営されているサービスは、自分のワークライフを叶えるのにピッタリ!

友人紹介実績No,1

↑公式サイトに移動します↑

時代は変わります。あと数年も経つと、60歳以上でも働いている看護師はさらに増えることでしょう。求人内容も、働き方も、さらに変化し進化するはずです。先輩看護師の再就職や転職に少しでも役立つことができれば、幸いです。


当サイトの記事で説明不足な点や解決できない疑問については、コチラのお問い合わせフォームからいつでもお知らせください。ご相談内容は、原則として公開しません。ただし、他の人にも参考になると判断した場合、相談内容に一部変更を加えるなどして、個人が特定できないような配慮をさせていただきます。

\ わたしも使った看護師特化転職サイト/

スクロールできます
看護師特化転職サイト特徴公式サイト
看護師転職サイト:ナース人材バンク
ナース人材バンク
2023年オリコン満足度総合1位

看護師専門だから業界知識が豊富
東証プライム上場企業が運営国内最大級の看護師転職サービス
公式HP
看護師転職サイト:レバウェル_看護
レバウェル看護
求人数は日本最大級
職場のリアルまでわかる転職支援
無料登録後は、LINEでいつでも相談OK
公式HP
看護師転職サイト:MCナースネット
MCナースネット
単発・スポット・派遣・非常勤…柔軟な働き方に対応
病院以外の派遣やレアジョブ求人も豊富
理想のワークスタイルを発見しやすい多彩な求人特集
公式HP
看護師特化転職サイト
ご意見・ご感想をお待ちしております。
ご意見をお寄せください

みなさんのリアルなクチコミが他のユーザーの参考になります。本記事に対しての評価をぜひ、お気軽に投稿してください。

  • 本名や個人情報の投稿はお控えください。
  • メールアドレスは公開されません。
  • 個人を特定する投稿はお控えください。
  • 根拠なき誹謗中傷はお控えください。
  • 口コミは管理者が確認の上、順次公開します。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

みちるんのアバター みちるん 元看護師のサイト運営者

子育て中の元ナース。

病棟勤務中に妊娠&休職。復職後、医療事務、派遣ナース、訪看、特養施設で勤務し、家庭の事情で退職。現在は在宅ワーカー。

過去のキビシイ職場環境、退職・転職経験から学んだことを、悩み多き看護師に向けて発信しています。

目次